上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンサンミッシェルツアーに参加する為、朝5時30分に起床。

前日買っておいたパンとジュース、バナナを食べた後、
集合場所であるルーブル美術館前の広場へ

参加したのはエミトラベルの日帰りツアー
今回は日本語ツアーの為、その他の参加者も全員日本人となります。

途中、ドライブインに立ち寄りました。

    P1040241.jpg

中には日本と同じく、お土産がずらりと並んでいます。
フランスでは街中に自動販売機は見かけないので、
折角なのでエスプレッソを飲んでみる 
味は日本の方が上かな?

続いて向かったのはブブロン村
ここはフランスで最も美しい村」の1つに選ばれているようです。
("最も"といいつつ、全部で153ヵ所あるそうですが・・・)

村はとても狭く、10分もあれば一周出来てしまいます。
しかしながら木造りの街並みがとても綺麗

    ブブロン村内03

    ブブロン村内04

ここでは50分程度滞在。 お土産としてキャラメルを購入。


そして、ようやモン・サン・ミシェルへ。
楽しみの一つは名物であるオムレツを食べること

モン・サン・ミシェルが近づいてきた頃、
手前のレストランで停車しました。

「・・・・ひょっとして、ココ?」

モン・サン・ミシェルのオムレツと言えば、島内にある
ラ・メール・プラールという店が有名なので、
そこで食べると思いこんでいたが、まさか違うとは。
申込みページにしっかり書いておいて欲しかった


まずは食前酒。 シードルというリンゴを発酵させて作るお酒で、
英語風にいうと「サイダー」となります。

お酒は弱いが、イメージ的にそれほど度数は高くないと判断して注文。
・・・思ったより度数が強そう。
ただしグラス1杯だけなので、頑張って飲み干す。

    110811昼食01

パンやスープが出た後、いよいよオムレツ。
あっさりとした味付けながら、ふわふわして美味しい

    110811昼食02


食後、離れた位置からのモン・サン・ミシェルを見物。
天気が良く無いのが残念だが、期待が高まります

    モンサンミシェル02

応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ

FC2blog テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【2011/09/18 10:00】 | フランス旅行(2011年夏)
トラックバック(0) |
お竹の希望により、ポンピドゥー芸術文化センター

    ポンピドゥー芸術文化センター02


・・・と、入る前に先ほどアイスを食べ損ねたので、
近くにあった屋台でアイスを食べる。充分美味しかったが、
休みだった店で食べれば更に美味しいのかと思うと、少し悔しい

ルーブルオルセーは古い時代の作品が多いが、
ここは近代の作品が集まっています。
普通の絵もありますが、そうではない作品も多い。

    ポンピドゥー芸術文化センター06

    ポンピドゥー芸術文化センター10

    ポンピドゥー芸術文化センター14

昼食は胃を休める為に、ベトナム料理のフォーを食べたい
イタリア広場近辺にはベトナム料理店が多いので、
そのあたりの店に適当に入る。

    110810昼食02

店の中には数人いたが、全員ベトナム人っぽい。
日本食店ではフランス人を良く見かけるが、ベトナム料理を
食べる習慣はないのだろうか?

注文したのは牛肉入りフォー
かなり大きな器で出てきました。
味は本場に負けず劣らず美味しかった!
ここ数日フライドポテトを大量に食べているので、胃が休まる~

    110810昼食01

続いてパレ・ド・トーキョー

    パレドトーキョー01

ここもミュージアムパスで入る事は出来るが、
見る事ができるのはごく一部。

・・・しかし、なかなか強烈な展示物が。
裸の男女が被りもの&ボディーペインティングを施した
何とも変わったアートが多く天井から吊り下げられていました。

当然、男性器&女性器もそのままモロだし
一部自粛したものがこちらとなります。


    パレドトーキョー02

日本では考えられません・・・

体がだるかったので、一旦ホテルに戻って
ポカリスエットがぶ飲み→2時間ほど仮眠
ちょっとやそっとの体調不良はこれで治ります。

夕食はシャンゼリゼ通り沿いにあるレオン・ド・ブリュッセル

    110810夕食01

ここの名物は何といっても鍋一杯のムール貝(写真は1人分)

    110810夕食02

前菜+デザートもついて1人23ユーロでした。


モノプリで水や明日の朝食も購入した後、ホテルへ戻る


応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ

FC2blog テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【2011/09/16 10:00】 | フランス旅行(2011年夏)
トラックバック(0) |
朝8時30分に起床。

シャンゼリゼ通りにあるカフェで朝食。
パンもコーヒーも甘めのセレクトになってしまいました

    110810朝食

中国南方航空のオフィスはシャンゼリゼ通り沿いにあります。
ここでやっとリコンファームを行うが、実際は要らなかったらしい。
なら、HPにもそう書いておいて欲しかった

朝の澄んだ空を背景にした凱旋門も素晴らしい

    凱旋門10

朝一で向かったのはサント・シャペル
それほど有名なところではありませんが、是非来たかった場所でした。

    サント・シャペル09

少し並んで中へ。
先ずは1F。地味な感じながらも重厚さを感じさせてくれます。

    サント・シャペル02


そして2Fへ。

    サント・シャペル03


!!!!!!!!!
壁一面のステンドグラス。 なんと美しい・・・
今まで世界各地でステンドグラスを見てきたが、
間違いなくNo1の美しさ

1つ1つ見ても、とても綺麗

    サント・シャペル08

歩いてノートルダム大聖堂へ。
先ほど素晴らしいステンドグラスを見た為、少ししょぼく感じます。
聖堂の上の方まで登れるらしいが、もの凄く並んでいたため諦める。

    ノートルダム大聖堂01

    ノートルダム大聖堂05

ところで、ノートルダム大聖堂前の広場には、
このような星型のマークがはめ込まれています。
これは何のマークかお分かりでしょうか?

    ノートルダム大聖堂08-パリ0地点


これは、パリゼロ地点を表すマークのようです。
(「パリまで後xxキロメートル」と言う場合の基準となる場所)


歩いてサンルイ島へ。
侵入禁止マークがあったが、とても洒落ています。
さすがはパリ

    P1040170.jpg

サンルイ島には、とても美味しいらしいアイス店がありますが、
残念ながら夏休み中で食べる事ができず

日本の感覚だと、真夏にアイス店が1ヶ月近く休むのは
考えられないけれど、フランスではどの業種でも
夏にまとまった休みを取得するのは普通らしい。
何ともうらやましい・・・・


応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ

FC2blog テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【2011/09/14 10:00】 | フランス旅行(2011年夏)
トラックバック(0) |


Chempaka
中国南方航空はリコンフォームが要らないのですね?
これは僕も覚えておこうっと!
だって、ややこしいですもんね!リコンフォームの要る
航空会社と要らない航空会社。。。覚えるのも大変です(笑)

ノートルダム寺院、懐かしいです。
聖歌隊の歌声を聞くチャンスに恵まれましたが
旅の疲れか、上を向き口を開けて寝てしまいました(笑)

いわゆる、バカンスってやつですね?
ほんと羨ましい!ONとOFFの使い方が
うまいなあ~~!日本人も見習え!(笑)

chempakaでした!


なごやん
chempakaさん->
最近は"必要"って書いてあっても実際は要らない事が多いです。
でも格安航空券なので、自信が無い時はリコンファームしておくのが良いかも?

フランス人は真夏に1カ月前後のバカンスをとるみたいですね~なんとうらやましい!
これだけまとまった休みが取れれば、南米とかにも行けるのにv-393

コメントを閉じる▲
ここからはお竹と別行動。

歩いてアンヴァリッドへ向かう途中、アートな排水溝が。
このアート感覚は日本人では中々でなさそう。
そもそも道路に書いていいの?っていう気もするが・・・

    P1040069.jpg

アンヴァリッドの見どころはナポレオンの棺。
写真では少し判りにくいですが、相当に巨大です

    アンヴァリッド02

    アンヴァリッド08-ナポレオンの棺

歩いてエッフェル塔へ。 高さは324mで、東京タワーとほぼ同じ。
完成当時は「伝統ある街並みに鉄の塔なんて合わない!」という声も
あったようですが、現在ではすっかりなじんでいます。

    エッフェル塔01

段々と近づいて・・・

    エッフェル塔03

真下に来ました。

    エッフェル塔04

歩いてコンコルド広場へ。地図で見る限り近そうな気もしたが、
実際は1時間弱かかる。 もう最後は意地

そこからマドレーヌ教会へ向かう最中、

  PINKO

という名のブランド店を発見。 ・・・・ピン子!?
そういえば数年前、泉ピン子が訪れた様子をTVでやってたような。
正に運命の出会い

    P1040105.jpg

マドレーヌ教会近くのラ・メゾン・デュ・ミエルという名の蜂蜜店で
お土産用のヌガーやキャンディを大量購入。
もらった飴を食べたが、蜂蜜本来の甘さが感じられ、とても美味しい
買ったお土産達もかなり美味しいことだろう

    P1040109.jpg

荷物が多くなってきたので一旦ホテルへ荷物を置きに戻る。

すぐに外へ。 近所をぶらぶらしながら、自分用のお土産を購入。
夕食はお金の節約の為、スーパーマーケット(モノプリ)で買おうと思ったが、
その他色々目に付き、結局

 ・水5リットル分
 ・サンドウィッチx2
 ・パックコーヒーx2
 ・フォションの紅茶セットx5
 ・チョコレート
 ・ポテトチップ

を購入。 袋を2つに分けたが、重い・・・・

途中、レジ袋が重さの余り持ち手が千切れる。
仕方ないので、エコバックに詰替え。
シャンゼリゼ通りの真ん中でこんな事をすることになるとは

ほぼ2駅分歩く事になったので、半端なくしんどい
(電車乗る為に階段を上り下りするのはもっと辛い・・)


夕食を食べた後、すぐに就寝となりました。

応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ

FC2blog テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【2011/09/12 10:00】 | フランス旅行(2011年夏)
トラックバック(0) |


だだ
蜂蜜キャンディ、お話だけでもおいしそうですね。
パリだったらお土産に困らなくていいですよね。
パリってだけで有り難味がでるし(笑)
タイとかでばら撒き土産をさがすのはいつも苦労します~。


なごやん
だださん->
帰る時にもらった飴は物凄く美味しかったです^^
・・・が、お土産で買った飴は・・・v-406

でもフォションやクスミティーなどもあったので大丈夫でした^^;


確かにタイのお土産って困りますね。
タイシルク製品が有名だけど、一般受けする食べ物がないのが残念(>_<)

コメントを閉じる▲
朝7時30分に起床。

朝食はホテル近くのカフェでパニーニを注文。
ここのカフェは店員がめちゃ無愛想だった。今まではどこも良かったのに

    110809朝食02

    110809朝食01

朝一で向かったのはオルセー美術館
開館15分前だが、既に長蛇の列。 
これは時間かかるな・・・と思っていると、離れたところに少し短めの列が。

    オルセー美術館01

看板を見ると"学生団体"などの様な事が書いてあったので、
ひょっとしてミュージアムパスを持っていればここで良いのでは?
という気がしたので、そちらへ移動
思った通りOKでした。 元の列だと1時間以上かかったのではないだろうか・・・

内部は基本的に写真撮影禁止だったので、入口付近から1枚撮る。
元々駅として作られた事もありヨーロッパの駅っぽい造りとなっています。

     オルセー美術館03

なお、火曜日はルーブル美術館が休館なので、いつもより混んでいるらしい。

ルーブル美術館に負けず、有名作品が一杯。
知っているだけでも、ムーラン・ギャレット睡蓮ゴッホの自画像
オヴェールの教会など。
ただ、ミレーの落ち穂拾いは改装中エリアの中にあったので見る事が出来ず


続いてロダン博物館へ。 ここも20mぐらいの列が出来ていました。

    ロダン美術館1

列はこれだけなので、ミュージアムパスを持っていても並ばないといけないんだろう。
しかし、あとちょっとで入れるという段階になって、
「ミュージアムパスを持っている人は並ばなくてOK!」と言われる。
もう少し早く教えてくれないと・・・

ロダンと言えば考える人
元々は、この地獄の門の一部として造られたようです。

    ロダン美術館05-地獄の門

好評だったのか、大きな銅像も造られています。

    ロダン美術館01-考える人

横から見ると少し寂しげ。

    ロダン美術館03-考える人

なお、考える人は何かを考えている訳ではなく、

 地獄に落ちた罪人を見ている

そうです。そう思うと何だか怖いですね・・・


昼食はロダン博物館近くのカフェで目玉焼きの乗ったパンを食べる。

    110809昼食

それにしてもパリのカフェは席が狭い!
隣の席と隙間がほとんどないし、テーブルも小さいので
頼んだメニューによっては乗りきらない
何故なんだろう?

応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ

FC2blog テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【2011/09/10 10:00】 | フランス旅行(2011年夏)
トラックバック(0) |


Chempaka
そうだったのか~~!
考える人が見ているのは地獄の様子だったとは!

そういわれると、下を覗き込んで恐怖で口を
押さえているように見えますね!

これは初知りでした!


chempakaでした!


なごやん
chempakaさん->
"考える人"っていうタイトルがついていたので
自分も昔は「何考えてるんだろう?」と思ってました。

後で調べたところ、"考える人"というタイトルは
ロダンではなく、鋳造家のリュディエという人が名付けた見たいですよ~

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。