上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外の名物紹介の1回目を飾るのは花茶です

少し癖がありますが、日本の茶とは違う趣で
中国情緒を感じさせてくれます


花茶は中国茶の一種で、細かく分類すると下記に大別されます。

 ・菊花茶   -乾燥させた菊の花にお湯を注いで飲む
 ・洋菊茶   -基本的には菊花茶と同じだが、菊花茶が黄色い花に対し、
           こちらは白色
 ・桂花茶   -キンモクセイの香りを緑茶に移したもの
 ・薔薇茶   -ハマナスの花に緑茶や紅茶をブレンドし、お湯を注いで飲む
 ・珠蘭花茶  -乾燥させた珠蘭の花を香り付けに使用したもの
 ・ジャスミン茶-ジャスミンの可弁を香り付けに使用したもの



華泰 手摘みの菊花茶50g


また、花弁をどのように処理するかによって三つに大別されます。


  @その1@
  花弁の香りを緑茶などに移したもの

  @その2@
  花弁そのものを飲む

  @その3@
  乾燥した花弁を緑茶や紅茶などに混ぜて飲む


ジャスミン茶には乾燥して丸めた真珠花茶と呼ばれるものがあり、
お湯を注ぐことによって、コップの中でファッと広がっていき、
味と共に、目でも楽しませてくれます


    ↓応援ありがとうございます↓
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:海外の名物 - ジャンル:旅行

【2010/08/19 22:23】 | 世界の名物
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。