上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝食はホテルのビュッフェ。種類はちょっと少なめ

準備した後、少し距離があるチョロン地区にあるお寺に行こうと
外を歩いていると、バイタクのおじさんが声をかけてきました。

余りにしつこいので少しだけ話を聞いてみると、
「奥さんがミサコという名前の日本人」だとか、日本人が書いた
絶賛コメントが書かれたノートとか見せてくる。
怪しすぎるけど、1時間2ドルで案内してくれるらしいので、お願いしてみる。

バイクの後ろに乗って道を走っていると、いきなりスコールが
ベトナムではスコールの事をマンゴーシャワーというらしい。
雨は長く降り続くことなく、数分で止んでしまいました。


そしてビンタイ市場に到着! 中は雑然としているが、どれも安い
しかし初日にお土産を買うと荷物になるので、ここでは何も買わず。

    ビンタイ市場-外観


その後、クチ観光でもどう?」と薦められる。 値段は1万円弱。
最初は郊外に足を伸ばすつもりは無かったけれど、
2食付&交通費込だったので折角なのでお願いすることにしました。
(後で調べたら旅行社に頼むより、やや高めでした)


現地へは彼の弟の車で行くことになりました。現地までは約2時間で到着。
最初に部屋に案内され、ベトナム戦争時のベトナム人奮闘ぶりを描いた
ビデオ(日本語)を見せられる。

その後は別のガイドに案内され、密林の中に行き
朽ち果てた戦車や爆弾作成の様子を見る。

    統一会堂-戦車

そして、ようやくツアーのメインである地下トンネルに入る。
観光客用にちょっと幅を広げているらしいが、とても狭い・・・・

    クチ-トンネル2


食事は当時の食事を再現した蒸しタロイモが出てきました。
塩をつけて食べましたが、やっぱり余り美味しくない

    クチ-タロイモ

その食事時、なぜかガイドが

 「腕時計をちょうだい」

みたいな事を言ってきた。何故???
あげる訳ないだろう・・・

その後、ガイドと合流すると、昼飯としてフォーを注文してくれていました。
さっき芋を食べたばかりだけど、せっかくなので食べる。
とても美味しくて、つい完食

    昼飯-050809

クチの周りにはマングローブ園が広がっています。
ず~~~と同じ景色が広がっているので、かなり壮観。


ホーチミンに戻り、ホテルに近づいたところで車が路肩に停車しました。
宿も近いので、「ここで降りろ」という事かと思っていたら、
「ちょっと待っていろ」
という。

暫く待っていると、バインミー(フランスパンのサンドイッチみたいなもの)
コーラ、プリン2個を買ってきてくれました。 
お腹いっぱいだったのでいらなかったのに、律儀な・・・

ホーチミンは日本と比較すると、格段にバイクの量が多い。
バイクが10とすると、車は2ぐらい
しかも交通量の多い環状道にも関わらず信号があまりない。 
道を渡るのにかなりの勇気が必要

    画像 093


夕食はテダム通りの店で茹で海老、バインセオ(ベトナム風お好み焼き)、シントーバナナ味を頼む。
味はなかなか美味しい

    夕食-050809


22時頃ホテルに戻ったが、気が付いたら熟睡してました

    ↓応援ありがとうございます↓
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

【2010/11/24 21:47】 | ベトナム旅行(2005年夏)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。