上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェックアウト後、すぐに予約していたホテルへと向かう。
泊まるのはキングスクロス駅のすぐ上にあるクレストホテル
さすがに朝10時ではチェックインできなかったので、荷物だけ預かってもらう


この日はどこに行くか決めてなかったが、

  オーストラリア = コアラ

というイメージがあったので、コアラを見る為に
"コアラ・パーク・サンクチュアリ(以下、コアラパーク)"へと向かう

コアラパークに行くにはとりあえずペナントヒル駅へ行く必要がありそうだ。
しかし、ペナントヒル駅に行く為の電車が見つからない
諦めてHornsby駅へと向かう。そこから電車を乗り継いでペナントヒル駅へと移動。
そこから更にバスに乗って、現地へと向かう。


到着後、中に入ると本当に様々な動物がいました。

  ・コアラ

  ・カンガルー

  ・エミュー

  ・タスマニアンデビル
 
  ・ディンゴ

  ・フェアリーペンギン

  ・ウォンバット

  ・ハリモグラ

など、オーストラリアを代表する動物が沢山

    エミュー2

中でもカンガルーは放し飼いに近い状態で飼育されていて
自由に触る事が可能。

めったに触る機会がないので、ここぞとばかりに触りまくり。
カンガルーのお腹には子供もいて、とてもカワイイ

    カンガルー2

そして、なんといっても、メインはコアラ
15時から触れるらしいので、その時間に合わせて飼育場所へと向かう


そこには、高さ2メートルぐらいの木々に20匹近いコアラが!
こんなに一度にたくさんのコアラが見えるなんて

    コアラ1


時間になると係員が1匹捕まえて近くにきてくれました。
コアラクイーンズランド州でしか抱く事ができないため、触るだけで我慢
(コアラパークはニューサウスウェールズ州)
意外と毛は固く、鼻は渇いていた

    コアラ


その後、の毛刈りを見に行く。
時間となり柵が空くと、危険を察知したようにが飛び出してきました。
必死に逃げようとするが、係員によってあっさりと捕まる。

・・・素早い手つきで毛が刈られてゆき、数分後には丸裸に。
心なしか寒そうな顔をしている

    羊

充分満足したので、駅までバスで戻る事にする
出発予定時間の5分前から待っていたが、一向に来る気配なし。
中に戻る事も出来ないので、そのまま待っていたが、結局バスが来たのは
1時間経過した後でした。 
とすると、出発予定時間の5分以上前には出発していたのか・・・
なんとアバウトな


クレストホテルに戻り、チェックイン。
このホテルのエレベータはルームキーを指してから目的の階数を押す
必要があったが、初めての経験だったので少しまごつく。

部屋に入ると、驚愕。
めちゃめちゃ広い・・・

中にはシングルベットとダブルベットがあり、その他スペースもかなり広め。
初日の宿と料金は一緒ぐらいだったが、これほど違うとは・・・


一息ついたのち、近くのウルムルー方面を散策。
ここは不当で、巨大な戦艦が停泊していました。

その近くには、シドニーで知らぬ者はいないとされる
ミートパイで有名なハリーズカフェがあったので、折角なので行ってみる。

    ハリーズカフェ

頼んだのは、ミートパイの上にマッシュポテトと、つぶした空豆が
トッピングされた"タイガー"という一品
それなりには美味しかったが、評判ほどでは・・・

    ミートパイ

お店には様々な訪れた有名人の写真が貼られており、
日本人では鈴木紗理奈上原さくらの写真が飾られていた。


店の近くの埠頭には倉庫があったので、近くに行って見てみる。 
中に入れそうだったので入ってみると・・・

そこにはお洒落なカフェやホテルがテナントで入っていた。
外見と中身のギャップがありすぎて、かなり驚く
まさに横浜の赤レンガ倉庫的な建物だった。


夕食は、近くのコンビニで買ったカップビーフン。
味は・・・外食したほうが良かったかも

明日は空港に朝7時ぐらいに行かないといけないが、
なかなか寝付けない。朝起きれるんだろうか?

→香港旅行編へ

   ↓応援ありがとうございます↓
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

【2010/11/07 00:49】 | オーストラリア旅行(2004~05年冬)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。