上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛び散る汗! 飛び交う歓声!

タイの国技でもあり、国民的な人気を誇る格闘技がムエタイです。
一見すると手と足を使う為、キックボクシングと混同されてしまいますが、
実際は全くの別物です。

ムエタイは正確には「ムアイタイ」という名前であり、
直訳すると「ムアイ」はクメール語で『1』を起源とし、
1対1の格闘のことを指しています。

    photo_thai3.jpg


起源は16世紀末頃にナレスワン大王が軍のトレーニングに取り入れたのが
始まりと言われており、スポーツとしてのムエタイは1900年代初頭
第一次世界大戦で使用する武器購入の資金捻出のために、
ラーマ6世国王がトーナメントを開催した事が起源とされています。


ところで、試合前の踊りが気にならないでしょうか?
あの踊りはワイクルーと呼ばれており、この踊りには自分のトレーナーに
感謝を捧げると共に、神に勝利を願う意味があり、また試合前の闘争心を
高める効果があるとされています


ムエタイの試合を実際に見てみると一番驚くのがKOの少なさだと思います。
イメージでは激しい打ち合い中心で、KO勝ちが多いと思われますが
実際は判定となる事が多いようです。

しかしながら興業が賭けによって成り立っており、ただの揉み合いに見える展開が
実は高等技術の応酬だったりと、試合は異様なほどの盛り上がりを見せます。


タイに行った際には、是非試合会場で観戦して見る事をお勧めします


    ↓応援ありがとうございます↓
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:海外の名物 - ジャンル:旅行

【2010/10/27 23:41】 | 世界の名物
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。