上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"おいしくない"と言われるイギリス料理ですが、
名物の1つにフィッシュ&チップスがあります。


フィッシュとはタラやカレイなどの白身魚の切り身を油で揚げたもので、
チップスはポテトチップではなくフライドポテトの事を指しています。

    fishandchips.jpg

食べ方は、塩とビネガー(麦芽を原料とする穀物酢)をまぶして、
つぶした緑豆と共に食べるのが一般的なようです

いつから食べられるようになったかは諸説ありますが、
記録に残る限りでは、1860年にロンドンでジョセフ・マリンがフィッシュ&チップスの
店を開いたのが最古であるようです。

第2次世界大戦当時は配給食の一つとして食べられており、
近年でも安価なファーストフードとしてイギリス人に支持されています。


ところで、何故イギリス料理は美味しくないと言われるのでしょうか?
イギリス料理の特徴といえば、

 ・ジャガイモをよく使う

 ・食材本来の食感を残さないぐらい加熱する

 ・手の込んだ調理をしない

 ・味付け薄め

ですが、食べる人の好みに応じて塩や酢などで味付けされることを
前提としているため、味付けはなされないことが多く、
慣れない人たちにとっては"味が無い"と感じてしまい
結果、不味く感じてしまうようです。

    ↓応援ありがとうございます↓
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:海外の名物 - ジャンル:旅行

【2010/10/11 22:54】 | 世界の名物
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。