上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今では日本でもすっかりお馴染みの秋の風物詩・ハロウィン
毎年10月31日に開催されています。

ハロウィンはケルト人の行うサウィン祭が由来となっており、
アメリカやイギリスなどのアングロ・サクソン系国家にて主に行われています。

元々はケルト人の1年の終りである10月31日の夜に死者の霊が家族を訪ねてきたり、
精霊や魔女が現れると考えられていました。
これらから身を守るために、仮面を被って、魔除けの焚き火をおこなっていました。
その習わしが転じて、現代のハロウィン祭として行われることになりました。

  
HALLOWEEN(ハロウィン) 5inch Laughing Jack-O'-Lantern (LED)(5インチ ラフィング ジャック・オー・ランタン )




現代のハロウィンは主に下記の行事が行われます。

 1.魔女などに仮装した子供が近所の家を訪ねて
   「トリック・オア・トリート(いたずらする?それともご馳走する?)」
   と言ってお菓子をもらう

 2.(オレンジ色の)かぼちゃをくり抜いて顔型にした
   ジャックランタンを作り、中からロウソクで照らしたランタンを作り
   玄関の入口におく


なお、ハロウィンはキリスト教に関係した行事と思われがちですが、
実際は無関係です。

応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:世界の慣習 - ジャンル:旅行

【2012/11/04 10:00】 | 世界の慣習
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。