上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8時半に起床。

朝食はサンクトペテルブルクのホテルと同様にブッフェ形式。
品揃えも似たような感じ。 どれも美味しかったです

    ブタペストホテル5


10時半頃外出
手持ちのお金が少なくなってきたので、ユーロをルーブルに両替。
ロシアで一番困るのが両替です。
他の国では日本円⇒現地通貨に両替するのはそれほど
難しいことではありませんが、ロシアで日本円から両替できる
場所はかなり希少です。

    P1000515.jpg

クレムリンに向かう途中、ロシア青年劇場に立ち寄って
今夜開催されるバレエのチケットを購入。


クレムリンに到着。まずはチケット購入。
もう1つロシアで困るのは英語表記の少なさ。
ロシア1と言っても良いクレムリンでさえチケット売り場の表記は
こんな感じです。 英語が一切ない・・・
入場料は約千円でした。

    クレムリン界隈9-チケット売り場

クレムリンの内部へ。
但し、すべての場所に立ち入れるわけではなく、写真NGの場所も多い。
警備員も多く立っており、追い返されることも多い。

入場はトロイツカヤ塔から。

    クレムリン内部3-トロイツカヤ塔

まずこれがクレムリン大会宮殿
クレムリン内にある最も新しい建物で、国際会議やバレエの舞台としても
用いられています。

    クレムリン内部2-クレムリン大会宮殿

続いてパトリーアーシェ宮殿
ロシア正教の総主教の宮殿です。

    クレムリン内部8-パトリアーシェ宮殿

これが大砲の皇帝と呼ばれるもので、
約40トン、弾丸1つで1トンあると言われています。
人間と比べるとその大きさは一目瞭然

    クレムリン内部6-大砲の皇帝

かつてロシアで最も権威のあった教会が
このウスペンスキー大聖堂です。
内部は撮影禁止ですが、扉だけでも重厚感が伝わります。

    クレムリン内部9-ウスペンスキー大聖堂

    クレムリン内部12-ウスペンスキー大聖堂

この大きな鐘は鐘の皇帝と呼ばれています。
高さ6.14m重さ200トンもの世界最大の鐘ですが、
鋳造中に火災が発生し、火を消そうとして水をかけたら
このように割れてしまったとのこと。
いつの時代も、うっかりものはいるものです

    クレムリン内部25-鐘の皇帝

最後にこれがイワン大帝の鐘楼です。
イワン4世のころは、モスクワにこの鐘楼以上に
高い建物はなかったらしい。

    クレムリン内部13-イワン大帝の鐘楼


その他入場できる建物として武器庫ダイヤモンド庫
ありましたが、2つ入るとクレムリンの入場料の3倍必要
&あまり興味がなかったので入りませんでした。


応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2012/09/21 10:00】 | ロシア旅行(2012年夏)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。