上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

送迎時間まで少し時間が余っていたので、大ネヴァ川クルーズ
1時間のクルーズで1名1500円ほど。

    ネヴァ川クルーズ19

まるで海のような部分を通ったり、細い運河っぽいところを
通ったりとバリエーション豊富。かなり楽しめました

    ネヴァ川クルーズ8

    ネヴァ川クルーズ5

スーパーマーケットで買い物をした後、ホテルへ戻る
荷物を受け取った後、送迎の人とも合流。
集合予定時間まであと20分以上あったが、既に待っているとは・・・
ロシア人は意外と生真面目なのかもしれない。


次の目的地のペトロザヴォーツクへは寝台列車で向かいます。
20時頃ラドシースキー駅へ到着
外観及び内部も他のヨーロッパ諸国の駅と引けをとりません。

    ラドーシスキー駅1

    ラドーシスキー駅4

寝台列車での食事が不明だったので、
屋台で買ったパンとカフェのコーヒーで小腹を満たす。

    ラドーシスキー駅5

22時過ぎにようやく列車が到着したので乗り込みます。
乗り込み時にはパスポートチェックあり。

今回は4人部屋で、他にはロシア人と思われる人がいました。
フレンドリーに話しかけてきてくれるが、全く言葉がわからない・・・
すると、その人の友人でロシア語と英語が話せる人を
連れてきてくれました

なごやんが同室のロシア人と会話する場合は、

 なごやん(日本語)
    ↓
 お竹(日本語⇒英語に翻訳)
    ↓
 ロシア人の友人(英語⇒ロシア語に翻訳)
    ↓
 同室のロシア人(ロシア語)


と、かなり手間なことに・・・・
しばらく話をしたところ、旅行者ではなく仕事で行き来をしている人らしい。
良い人ではあったが、いびきがうるさかった・・・

食事はこんな感じ
一番下は朝食用のパン一式となります。

    寝台列車6

    寝台列車7

    寝台列車5

応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2012/09/10 10:00】 | ロシア旅行(2012年夏)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。