上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰もが知っている割には、食べたことがある人が
意外に少ないのがチーズフォンデュではないでしょうか?

スイスといえばチーズフォンデュ!

というイメージを持っている方も多いかと思います。

そのチーズフォンデュですが、食べる際のちょっと変わった
伝統的な作法があります。 それは・・・・

パンや牛肉を鍋の中に落としたら周りの人にワインを1本振舞う


というしきたりです。
遊び心があっていいですね~


チーズフォンデュは元々、山小屋で暮らしていた牧童が固くなってしまったパンを
食べる為に鍋にチーズを溶かして絡めて食べたのが起源と言われています。

山の男の料理だったせいか、結構アルコール度数が高め
スイスの標高が高い事もありますが、日本で食べるより5割増しの濃度を感じます


チーズフォンデュは地方によってチーズの種類や配合、作り方が微妙に異なりますが、
一般的な作り方を紹介しましょう!

♪本格的なチーズフォンデュの作り方♪

(1)チーズを1cm角に切った後、コーンスターチをまぶす

(2)半分に切ったニンニクを鍋底にこすりつける

(3)鍋に白ワインを入れ、弱火でアルコールを飛ばす

(4)鍋にチーズを入れ、よくかき混ぜる

(5)一口大に切ったパンをつける

★補足★
・チーズはエメンタール、グリュイエール、ラクレット等が向いている
 (エメンタールで”伸び”、グリュイエールで”コク”が増す)

・チーズは1人前100gぐらいが目安

・食事中に水やビールを飲むと胃の中でチーズが固まるので
 白ワインや暖かい紅茶等を飲むと良い


    pic_swiss1.jpg


チーズフォンデュ
に似た料理として、熱したサラダオイルの中に
サイコロ状に切った牛肉を素揚げするミートフォンデュ(別名:オイルフォンデュ)や、
熱したコンソメスープにスライスした牛肉を軽く茹でるフォンデュ・シノワーズという
スイス版しゃぶしゃぶとも言える料理があります。

一見くどそうなイメージがありますが、意外とさっぱりしています。

百聞は一見にしかず、一度食べてみましょう!


2種の熱々チーズフォンデュセット


    ↓応援ありがとうございます↓
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ 人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:海外の名物 - ジャンル:旅行

【2010/09/16 21:18】 | 世界の名物
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。