上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情熱の国、スペインの中でもフラメンコと並んで
情熱を感じさせるのが闘牛

一般的に闘牛は一人のマタドールが最初から最後まで牛と対峙すると
思われるかと思いますが、実はそうではありません。
大体下記の流れが2時間の間に6回繰り返されます。

 1.見習い闘牛士がピンクのマントで挑発
 2.馬に乗ったピカドールが牛を槍で刺す
 3.バンリリェーロが銛を刺す
 4.マタドールが剣で止めを刺す


歴史は古く、600年以上前に始まったとも言われています。
国技でもある闘牛ですが、近年では動物虐待の観点から衰退気味。
2011年にはバルセロナでの闘牛が幕を下ろしてしまいました。

現在では国民の4分の3が「闘牛に関心がない」との調査結果が出ています。
なごやんからすると、"全国民が熱狂するほど好き"といったイメージが
ありましたが、これは本当に意外でした
日本人に対する相撲みたいな感じなのでしょうか・・・


それでも観光客には闘牛は人気。見るためには下記の事に注意しましょう。

1つは時期。1年中やっている訳ではなく、
毎年3月15~19日に行われるバレンシアの火祭りの日に幕開けし、
10月10~18日のサラゴサのピラール祭りで終了します。
主に土・日曜開催となります。

また、人気の闘牛士(マタドール)が出場する日は大人気となるので
予約が必須。 日本人にとっては、いつ込み合うかがわかりづらいため
事前予約がオススメです

応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:海外の名物 - ジャンル:旅行

【2012/04/10 10:00】 | 世界の名物
トラックバック(1) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
情熱の国、スペインの中でもフラメンコと並んで情熱を感じさせるのが闘牛一般的に闘牛は一最初から最後まで牛と対峙すると思われるかと思いますが、実はそうではありません。大体下記の流れが2時間の間に6ーロが銛を刺す4.マタドールが剣で止めを刺す歴史は?...
2012/04/10(Tue) 10:16:37 |  まとめwoネタ速suru
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。