上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐ今年も終わり、31日には2012年への年越しが行われます。
冬休みに海外旅行に行く場合、海外での年越しも楽しみなイベントです。

なごやんも冬休みに行く事が多い事もあり、
何度か海外での年越しを経験しました。
今回はその中での思い出の年越しランキング形式で紹介します。


第5位:シェムリアップ(カンボジア)

アンコールワットへのゲートシティでもあるシェムリアップ

まずはホテルのガラディナーに参加しました。
ステージではショーが行われ、周りではコックが作った料理の数々が
並べられていており、それには満足したのですが
何か作られた感じがして楽しめない・・・

  ホテルガラディナー3

午後23時ごろにカウントダウンが行われるというバーストリートに移動。
そこには現地の人、海外からの観光客が入り乱れて大盛り上がり。
音楽が大音量で鳴り響き、花火も打ちあがってとても賑やか。
やっぱりカウントダウンはこうじゃないとね

  カウントダウン1

静と動、両方の年越しを体験できたのが貴重です。

第4位:マニラ(フィリピン)

実はうっかり寝てしまい、気がついたら23時50分
着替えてないので外に出るのは諦めましたが、
それは正解だったかもしれません。

年越しが近づく毎に爆竹とロケット花火の音が大きくなっていきます。
さながら戦争のようです。もの凄く恐ろしい・・・
外に出たら怪我をしそうな感じ。

年越しに恐怖を感じるとは思わなかった

第3位:ベルリン(ドイツ)

場所は東西ドイツ統合の象徴、ブランデンブルグ門
夕方ぐらいから道も歩行者天国状態になり、とにかくもの凄い人。
ステージではコンサートが行われていたので
なんとか近づこうとするが、人の波にもまれて中々たどり着けない・・・

行く事も、戻る事も出来ずに、人ごみに流されるのみ。
何とかステージに近づいたところでカウントダウン。

ドイツらしく「ドライ!」「ツヴァイ!」「アイン!!」というカウントダウンも
貴重な体験でした。

  カウントダウン前


第2位:シドニー(オーストラリア)

南半球という事もあり、年越しは夏に行われます。日本にいると、

 年越し=寒い時に行うイベント

というイメージが強いですが、真夏に行われる年越しは
初体験だったので今までとは一風変わって楽しめました。

場所はオペラハウス。当然もの凄い人でした。
近くのバーでは音楽が鳴り響き、みんな大盛り上がり。
年明けと共にハーバーブリッジの上では花火が打ちあがり、
それと共に更に盛り上がりを増しました。

  年越し直前1

第1位:ラスベガス(アメリカ)

この時は普通の年越しではありませんでした。

1つめは2000年⇒2001年への"世紀越し"あること、もう1つは
既に機上で年越しをしているので、2回目の年越しだという事。

おまけに海外での年越しは初めて、且つそれが
エンターテイメントの本場であるラスベガスだという事です。

年越しと共に中心のストリートに立ち並ぶホテルの屋上から
一斉に花火が打ち上げられ、それは美しいの一言では
表現できないほど

  photo_lasvegas2.jpg

応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ランキング - ジャンル:旅行

【2011/12/28 10:00】 | ランキング
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。