上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェックアウト時に宿代の清算をするが、当初1泊35スイスフランと思っていたら、
実は135スイスフランという事が判明。

約4倍とは・・・・・

お金も減ってきたし、ここでの出費は痛い


お土産としてチーズの塊を買ったが、これが失敗。
道に迷って1時間歩く事になった間、これが重いのなんの

迷っている間、この旅でよく聞いたBahnhof(バーンホフ)の意味を考えていたが、
ようやくという意味である事に気づく
ずっと疑問に思っていたので、すっきり。
("hof"には「宿場」という意味もあるらしい)

疲れのせいで、電車でチューリッヒへの移動の1時間は熟睡


チューリッヒ
に到着して、すぐに宿探し。
当初目をつけていたところは高かったので、別のところを探す。
お金がなくなってきたので、1泊7000円以下に抑えたい

しかし、スイスの中心都市だけあって全然見つからない・・・
ようやくリトマホフという宿に決定。立地も良いし、景色も最高!


宿の予約はガイドブックで覚えた
「Can I get a room for tonight?(今晩部屋空いてる?)」
というフレーズを用いたが、この旅で
何十回と言い続けたので、かなり発音が良くなったかも


荷物を置いたのち、街を散策する
チューリッヒは歴史的を感じさせる建物と近代的な雰囲気が入り混じって
とても良い感じ

    photo_swiss7.jpg

スイスでは日本文化がかなり浸透しており、
デパートでポケモンの大会を開催していたり、街中に日本の少女漫画を用いた
アート作品が置かれていたりと、かなり親日的な印象


途中、COOPというスーパーマーケットに立ち寄る。
値段を見てビックリ!

・・・・安い


今までミネラルウォーターは街中で1本150~300円ぐらいで売っていたのが
ここでは50円程度で売っている。
各所でチェーン展開していたので、もっと早く気づいていれば


スイスの料理にも飽きてきたので、夕食は中華料理屋へ
チャーハンはタイ米が使われていたが、久し振りの中華という事もあって
結構美味しい。 一緒に頼んだ野菜麺もなかなかイケる


夜12時近くになっていたが、スイス最後の夜ということもあったので散歩
夜遅いのに、老人や女性、子供も平気で歩いていました。 
日本より平和かもしれないな~

しかし、迷彩服をきた軍人さんが大挙して歩いていたのが
日本ではない事を感じさせる


    ↓応援ありがとうございます↓
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

【2010/09/13 22:22】 | スイス旅行(2001年夏)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。