上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行経験を重ねていると、それなりのトラブルも経験しています。
(全て個人旅行なので、危険度もUP)

今回は、その中から「これはヤバい!」と感じたものをランキング形式で紹介します。


第5位:友人が戻ってこない!(中国)

 初めての海外旅行に行った際、同行した友人2人と
 万里の長城への現地ツアーに参加しました。
 参加者は全部で30人で、自分達以外は全員中国人

 現地に到着して、他の2人とは別行動していましたが
 その2人は集合時間になっても戻ってこず

 どうにもできないので其のままバスは出発。自分はそのまま乗っていれば
 北京まで戻れるが、残り2人の事はどうしたらいいのか・・・

 北京に到着後、同じ宿の英語が堪能な日本人にお願いして
 宿の人に聞いてもらいましたが、まだ戻ってきてないとの事。

 翌日になっても戻ってなかったら警察に行こう・・・と思っていら
 タクシーを乗り継いで2人は戻ってきました。
 何事も無くて良かったけれど、初めての海外旅行という事もあり大変でした。

第4位:地下鉄で何が!?(イギリス)

 地下鉄に乗っている時に、急にアナウンスがありました。
 内容はわからなかったものの、推測すると「全員駅の外に出ろ!」
 という事らしい。

 列車を降りるだけならまだ判るが、駅構内から出ろ!というのはビックリ
 爆弾騒動か、はたまた毒ガスか・・・と心配になりましたが結局わからず。

 ちょっと前にバス爆破騒動もあったので、その関連かもしれません。

第3位:飛行機の故障?(フィリピン)

 マニラからセブ島に向かう為の飛行機が離陸後すぐにアナウンスがありました。
 内容は断片的にしかわからなかったが"高度が上がらないので引き返す"
 とのこと。 空港に戻った後、点検の為そのまま待機。
 同じ機体でまた飛び立とうというのが怖かったが、しばらくして機体を替える為に
 機外へ出ろとの事。 元の機体で飛び立っていたら一体どうなっていた事か

第2位:電車が来ない・・・(インド)

 タージマハルを見にアグラを訪れました。見物も終わったので
 ニューデリーに戻る為にアグラ駅で電車を待っていたが、
 20時過ぎに来るはずの電車が来ない・・・

 インドの駅はまだ整備が進んでいない為、どのプラットフォームに
 どこ行きの電車が来るかがわかりにくい。
 下手に駅の外に出てしまうといつ来るかが判らないので、とにかく待つしかない。

 30分ぐらい経過したところでようやくアナウンスがあり、
 電車の来るのは2時間後となるらしい。 とにかく待つ。

 2時間経過したが、全然来る気配なし。
 更に1時間経過してようやくやってきました。

 終わりがいつになるかわからず待ち続けるのは本当に辛かった・・・

第1位:乗り遅れた!(ラスベガス)

 2回目の海外旅行でラスベガスに行った際の帰国便に乗ろうと空港に移動。
 早めに着いたので搭乗ゲート前でウトウトしていたが、出発予定時間になっても
 飛行機が飛ぶ気配なし。 改めてボーティングボードを確認したところ
 搭乗ゲートが変更されていた・・・更に悪い事に飛行機は飛び立った後。

 この時は人生で1、2を争う位動転しました。
 一体どうすれば良いのか?日本に帰れるのか?など様々な事が
 頭の中を巡りました。 たまたま日本人係員の人がいたので
 事情を説明して数便後に振り替えてもらえましたが、
 大変なのはこれから

 ロスでの経由便の為、そこで乗り換えれるかが大問題。
 時間的にはギリギリだが・・・
 結局ロスに到着したのは出発予定時間の30分前。
 ターミナル違うし、航空会社も違うので乗れるかどうか微妙。

 俗に、火事場のクソ力といいますが、それを実感できるぐらいに
 旅行カバンを担いで走りました。出発10分前になんとかカウンターに到着。
 正規のルート(手荷物チェック→パスポートコントロール)では
 間に合わないので、特別にパイロット等が通る道を通らせてもらって
 何とか間に合いました。


この他に、スマトラ島の大津波の丁度一年前にプーケットに行っていたり
エジプトのテロの数か月前に訪れていたりと、すこし時期がずれていたら
危なかったのでは?という事もありました。

しかし、様々なトラブルがあっても、旅行にはそれには代えがたい魅力があります

応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ランキング - ジャンル:旅行

【2011/12/13 10:00】 | ランキング
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。