上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外旅行中は日本にいる時と比べて、お腹を壊すリスクが増大します。
原因としては、

 ・旅行の疲れ

 ・不衛生な食器類

 ・食べ慣れない食べ物


などが挙げられます。

いざ下痢になってしまった場合、下痢止めなどを飲む場合が多いですが
体に負担がかかってしまう為、できるだけ飲まないようにしましょう。

できるだけ

 1.水分をたくさん摂取。スポーツ飲料(出来ればポカリスエット)が望ましい

 
ポカリスエット(パウダー) 1L用粉末



 2.下痢が止まったら、水分の多い食べ物(フルーツ等)を食べる

 3.お腹の調子が良くなってきても、しばらくは消化の良いものを食べる
   (味付けの濃いものや辛いもの、油っぽい物はNG)


の順で食べる事により無理なく体調を改善する事ができます。

ただし、飛行機の搭乗などでどうしても下痢止めに頼る必要も出てきます
正露丸も良いですが、細菌性の下痢には効かないので注意が必要です。

治らないな・・・と思ったら、帰国後病院に行きましょう

応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:旅コラム - ジャンル:旅行

【2011/12/05 10:00】 | 旅の格言
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: タイトルなし
なごやん
やまさん->
ご指摘ありがとうございます!
何かで「"ロペラミド"が入っていると良い!」と聞いたもので・・・
間違って覚えるところでした^^;

ありがとうございましたv-410

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/12/06(Tue) 00:03 |   |  #[ 編集]
Re: タイトルなし
やまさん->
ご指摘ありがとうございます!
何かで「"ロペラミド"が入っていると良い!」と聞いたもので・・・
間違って覚えるところでした^^;

ありがとうございましたv-410
2011/12/06(Tue) 20:09 | URL  | なごやん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。