上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス料理は日本人も好きな人が多いですが、
その中で「ちょっとこれは・・・」と敬遠されやすいのが
エスカルゴでは無いでしょうか?

日本人の感覚からすると、
「カタツムリを食べるなんて信じられない!」
といった感じだと思います。
(フランス人が日本人がイナゴを食べると聞いた時の感覚でしょうか・・・)

    110808昼食03-エスカルゴ

フランスで一般的に食用とされているのがリンゴマイマイという種類ですが、
繁殖力の低さから絶滅危惧種となっている事もあり、代用品として
アフリカマイマイが使われることもあります。

野生のカタツムリを使うよりも養殖のものを使う事が多く、
野生のものを使う場合でも、数日かけて体内の老廃物を出した上で
調理されています。


調理方法は大ざっぱに書くと・・・

 1.殻から取り出し、内臓を除去
 2.バジルやパセリ、ニンニクなどを練りこんだバターとからめる
 3.殻に詰めて焼く


となります。

    110808昼食04-エスカルゴ

味は正直、香草の香りのするグミ?ぽい感じだったのですが、
食べたのが普通のカフェだったのであてになりません。
「めちゃくちゃ美味しい!」という話も良く聞くので
食べる際はちゃんとしたレストランをオススメします


応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:海外の名物 - ジャンル:旅行

【2011/10/06 10:00】 | 世界の名物
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。