上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝7時広州着。 次の出発まで7時間以上あるので市内へ

なお、地下鉄のチケットはこんな感じ。

    P1040558.jpg

一見そのまま自動販売機みたいに入れると思いきや、
センサーにかざすだけでOK
ぱっと見はアナログだが、実際は最新鋭。


目的地は広州タワー
高さが600メートルもあるらしいので、是非見たい

最寄駅まで到着。
平日朝ということもあり、辺りは閑散としています。
空を見上げると、そこには広州タワーが!

    広州タワー

    ・
    ・
    ・
    ・
あれ?エッフェル塔より低く感じる。
エッフェル塔より200メートル以上高いはずなのに何故だ?

エッフェル塔は四角錐、広州タワーは円錐型といった違いもあるが、
塔の歴史の違いがそのように感じさせるのだろうか?


あたりに見学できそうな場所も無く、時差ぼけのせいか
もの凄く体がだるいので、すぐに空港へ戻る。

空港到着後、カフェで1時間ちょっと時間をつぶした後、
搭乗手続きを行う。


とは言っても既に広州名古屋間のチケットは持っていたが、
次に向かうのは経由地である上海
国内線に乗れば良いのか、国際線に乗れば良いのかがはっきりしない

チェックインカウンターで聞いたところ、国内線とのこと。
まあ、そりゃそうだ。

しかし、荷物チェック時にチケットを見て不審がられる。
チケットには"広州→名古屋"と書かれているので
「何故国内線に来てるんだ?」と思われたかもしれない。

何とか中へ。 フリーインターネットコーナーで時間をつぶす。
お竹は階下の搭乗フロアで待っているとのこと。

暫くした後、自分も搭乗ゲートのあるフロアへ
すると、係員が寄ってきて「チケットを見せろ!」と言われる。
戸惑いながらも見せると、「ここのフロアではない!」との事。

「友達はいないか?」と言うので、お竹を探すが見つからない・・・
「電話してみろ!」というが、お竹は海外通信不可能なタイプ。

仕方ないので一人で係員に付いていく。一旦国内ゲートの外へ。
再度チェックインカウンターで聞くと、海外線の搭乗ゲートに行けとの事。

さっきと反対じゃないか・・・


とはいえ、お竹はどこだろう?
ひょっとしてこのまま1人日本へ帰る事になるのか?

・・と思って国際線搭乗フロアにいました。
同じように捕まって、同じように連れてこられたらしい。


係員の出来が良いのか、悪いのか・・・
ともあれ、無事に上海を経由して名古屋に向けて出発。

機内食は麺類多め

    P1040570.jpg

    110814機内食03

サウザンアイランドソースのパックには
"千島汁"と書かれていました。 
間違っちゃいないけど、何かモヤモヤする

    110814機内食04


その後、上海経由名古屋への帰国は何事も無く終えました

応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【2011/09/27 10:00】 | 中国旅行(2011年夏)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。