上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早朝5時45分シャルル・ド・ゴール国際空港へ到着
何故か到着と同時に拍手が起きる。どうして?

疲れていた事もあり、機内では12時間寝っぱなしでした。

エールフランスバスを利用して凱旋門へ向かう
ここから宿となるエトワールホテルへは歩いて3分程度。
早朝のせいか、真夏にも関わらずかなり寒い
厚手の長袖上着がちょうどいいぐらいかも?

ホテルに到着
チェックインは時間的に不可だったので、バックを預かってもらう。

    エトワールホテル-外観

いきなりパリ郊外にあるヴェルサイユへと向かう。
メトロで向かうが、何故か使用不可となっている線もあり。
時間的な問題なのか、工事中なのか・・・

30分ほどでヴェルサイユ到着。
先ずインフォメーションセンターでミュージアムパス(4日券)を購入。
45ユーロでした。
これがあれば4日間は主要博物館&観光地は入り放題

ここで、本来お金がかかる庭園に無料で入る方法を教えてもらう。
その方法とは、正門ではなく、別の入口から入ること。
但し、その入口が遠い・・・2km以上歩いた気がする

かなり疲れたので、園内を走っているトラムを使って宮殿まで移動。

    ヴェルサイユ宮殿02

但し、宮殿内に入る為には1kmは続くであろう列に並ぶ必要あり。

    ヴェルサイユ宮殿01

お竹より「かなり待ちそうなので日を改めよう」という意見がありましたが、

  1.他のところに行けなくなる(往復だけでも結構時間がかかる)
  2.再度来たからと言って、空いているとは限らない

と言った理由により、とりあえず並ぶ事にする。
ただし30分経った時点で、あまり進んでいなければ日を改める事にしました。

ただ待っているのは時間がもったいないので、このうちに昼食を買いに行く。
購入したのはジュースと巨大サンドウィッチで1人当たり700円程度。

    110807昼食

並んでいる間、何故か蜂に付きまとわれる。
もっていたジュースのせいか、白い服のせいか・・・
近くにいた子が刺されていました。

50分並んだ後、程度へ宮殿の中へ。

中はとにかく贅が尽くされており、絢爛豪華。
マリー・アントワネットの当時の贅沢な生活を感じさせます。

    ヴェルサイユ宮殿03

    ヴェルサイユ宮殿04

    ヴェルサイユ宮殿05

庭園もとても綺麗

    ヴェルサイユ宮殿06

駅へ戻る途中、あのセグウェイが! 初めて見た・・・
お金を払えば乗れるらしいが、この時は見てるだけ。
あまり無い機会なので、乗れば良かった

    P1030805.jpg

応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【2011/08/31 10:00】 | フランス旅行(2011年夏)
トラックバック(0) |


Chempaka
僕ももう17年ぐらい前にヴェルサイユ宮殿に
行った事がありますけど、確かに入口から凄い人でしたね~~。。。

中は床から壁から天井から、見る所全てが豪華で(笑)
ただ、自分がここに住むのなら落ち着かないなあ~なんて思ってました(笑)

マリーアントワネットが寝ていた大きなベッドが何故か一番印象的でした(笑)

chempakaでした!


なごやん
chempakaさん->
17年前に行かれたんですね~
確かにあそこで暮らせる完成を持った人は少ないかもしれませんね。
個人的に印象的だったのは鏡が沢山あった事。
ひょっとしてナルシストだったんでしょうか^^;

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
僕ももう17年ぐらい前にヴェルサイユ宮殿に
行った事がありますけど、確かに入口から凄い人でしたね~~。。。

中は床から壁から天井から、見る所全てが豪華で(笑)
ただ、自分がここに住むのなら落ち着かないなあ~なんて思ってました(笑)

マリーアントワネットが寝ていた大きなベッドが何故か一番印象的でした(笑)

chempakaでした!
2011/09/01(Thu) 22:04 | URL  | Chempaka #-[ 編集]
chempakaさん->
17年前に行かれたんですね~
確かにあそこで暮らせる完成を持った人は少ないかもしれませんね。
個人的に印象的だったのは鏡が沢山あった事。
ひょっとしてナルシストだったんでしょうか^^;
2011/09/02(Fri) 01:14 | URL  | なごやん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。