上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続いて、ポンペイの柱へ行こうと思ったが、少し遠いので馬車を使う事に。
近くでたむろっていた馬車の人に声をかけていみたが、
提示されたのは相場の10倍。 いくらなんでもボッタクリすぎだろう・・・

少し粘ると、いきなり半額近くに値下げ。 まだ行けそうだ
しかし、「これ以上は無理!」という感じになってきたので、一旦立ち去るフリ。
案の定、引きとめてきました。ここからが第2ラウンドだ。

もうこの辺でいいか・・・という価格を提示すると、
近くにいた馬車の人が「それでいいよ」との事。 これで決定。
最初の人は「お客をとられた!」という感じで怒っていたが、
ボッタくろうとしたのがイカンよね。

馬車は裏通りをスイスイと抜けていきます。
途中、街中の子供が「ハロー」「ウェルカム」とか声をかけてきます。
他の街でもそうだったけれど、外国人が珍しいんだろう

途中、古びたトラムを発見。

    P1020298.jpg

こんな古いトラムが未だ現役とは・・・
そういえば車も日本では30年ぐらい前に走っていたような車が多い
(トヨタや日産など、日本メーカーが多い)

ポンペイの柱に到着していないけれど、「ここからすぐだから降りろ」と言われる。
馬車では行きにくい道なのかな・・・と思って従うが、そこから結構遠い。
多分、料金を値切られたので近くまで行くのが面倒だったんだろう

ポンペイの柱の名の通り、中には大きな柱が。

    ポンペイの柱4

スフィンクスもあります。

    ポンペイの柱5

続いてカタコンベ
地図上では近かったが、方角がわからないので近くの警官みたいな人に聞く

カタコンベに到着。 
カタコンベとは地下にあるお墓の事です。

    カタコンベ1

階段を下って下に行くと、そこは地上とは異なり大分涼しい
水も流れていたので、一層涼しく感じます。
ここでの見どころは、この壁画。 
地下にあったおかげ、当時の色がはっきりと残っています。

    カタコンベ2


カイロ
に戻る為、マスル駅へ。
ローマ円形劇場は駅の隣にありますが、柵の隙間から見放題

    ローマ円形劇場1

カイロ行きのチケット購入はお竹にお任せ
購入した後、何故か駅長室みたいなところに行ってチェックする必要あり?
一体何故だろう?

    P1020310.jpg

カイロラムセス駅に到着。
ここから地下鉄で最寄りのドッキ駅へ行きます。

但し方角がわからないので、方位磁石を使って方角をチェック。
地下鉄の駅は南などで、そちらに向かうが駅は全くなし。

・・・ひょっとして磁石が狂っている?と思い、
反対方向へ行くとやっぱり駅がありました。
(帰国後調べたら、方位磁石の針の色がついている方が南を指していました)

    P1020318.jpg

夕食&スーパーで買い物を済ませた後、ホテルに到着
明日ベリーダンスクルーズの予約を済ませました。
お竹がコンシェルジュを通じてやってくれたので、問題ないだろう


応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

【2011/06/13 11:00】 | エジプト旅行(2010年春)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。