上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無事にハン・ハリーリへ到着。

    P1020223.jpg

かなり歩いて、だいぶ疲れてきたのでとりあえずカフェで休憩

    P1020230.jpg

呼び込みがかなり熱心で、店を選ぶのにかなり苦労しました。
まったりとくつろいでいると、下には猫が! それも沢山。 いや~癒される

そして、ハン・ハリーリの中へ
人も多く、活気がもの凄い。 日本人とみるや、

  山本山!

  見るだけタダ!

  全部タダ!


・・・そんな訳ないだろうと思いつつ、お土産を物色。

    ハンハリーリ1

結局自分は何も買わず、お竹が香水瓶を購入。

香水瓶と言えば、ハン・ハリーリ内には香水屋があります。
色もカラフルで見ているだけで面白い

    香水屋

一旦タハリール広場付近へ戻る
目的は、翌日行く予定のアレキサンドリア行きのバス乗場を探すため
ガイドさんから聞いていたあたりを探すが、結局見つからず。

結局、少し遠いけどトルマゴーンバスターミナルへ行き、
バスチケットを購入。 乗り場もわかりやすいし、これなら大丈夫

    トルゴマーンバスターミナル1

次の目的地は、自然素材を使った石鹸などを売っているネフェルタリという名の店。
ここでは結婚祝いのお返しの品として、ソープセットを買う予定。

ガイドブックを頼りに探すが、これまた全然見つからない
一本裏通りに入って探すと、看板は出ていないが、壁にネフェルタリの絵が
書かれた建物が。 ひょっとしてここ?
恐る恐る中に入って見ると・・・・・・正解!まさにここ!

しかし、この店は本当に見つけづらい。
たまたまネフェルタリという王女の絵を見たことあるので判ったが、
普通はわからないだろう・・・

    ネフェルタリ

エジプトには10日以上いるので、通常のエジプト料理にも飽きてきました。
なので、エジプトの国民食と呼ばれるコシャリを食べる事に。
お店はホテル近くにあるエル・コドゥワ

    P1020253.jpg

コシャリとはパスタやお米、豆などの具に、トマトベースのソースを混ぜる
何とも豪快な料理。 大盛りでも100円以下と、値段も庶民的!

辛さの違うソースを混ぜ、お酢っぽい調味料も混ぜて味を調節。
庶民的だけど、おいしい!

    P1020251.jpg

応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

【2011/06/09 11:00】 | エジプト旅行(2010年春)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。