上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日からいよいよイスタンブール観光開始

まずはホテルから歩いて10分程度の場所にあるトプカプ宮殿
ここは15世紀末から400年もの間、オスマン朝の支配者の居城として
建てられた建物で、内部は広い&絢爛豪華

    トプカプ宮殿-1

    トプカプ宮殿-25

最大の見どころは"スプーン屋のダイヤモンド"と呼ばれる巨大なダイヤモンド
86カラットもの大きさのダイヤの周りに、更に49個のダイヤで取り囲んだ相当お高そうな一品


続いてアヤソフィア博物館
元々はギリシャ正教の大本山として建てられたそうですが、
後にイスラム寺院に姿を変えた珍しい建物。

    アヤソフィア遠景 -2

内部にはキリストのモザイク画があったり、

    アヤソフィア-12

くぼにみ親指を入れた状態で、残りの4本の指でぐるりと円をかけたら
願い事がかなうと言われている"マリアの手形"などがあったり。

    アヤソフィア-16

昼食はケバブと、アイランという甘くないヨーグルト
こんがりとした肉が美味でした

    091231昼食-1

    091231昼食-3

続いて地下宮殿

    地下宮殿-2

元々は貯水池だったようですが、1984年に発見されたものによって、一躍観光地となりました。
その発見されたものとは・・・・

 メドゥーサの顔

2体あって、一つは横向き、もう一つは逆さまになっています。
どんな目的で造られたんだろう???

    地下宮殿-5


イスタンブールには様々な屋台があります。
その中でも美味しそうだったのが、この焼き栗。
少しお高めだけど、とても美味しい

    屋台-焼き栗-1

続いてスルタン・アフメット・ジャーミィ
とても長い名前ですが、一般的には

 ブルーモスク

という名前で親しまれています。
なぜ"ブルー"かというと、内壁が青いイズニックタイルで飾られているからです。

    ブルーモスク-1

    ブルーモスク-5

    ブルーモスク-6

アヤソフィアも凄かったけれど、
ここも荘厳かつ美麗、その他のほめ言葉もつけたいぐらい凄い。
昼間も綺麗だけど、夜は明かりがついて、昼とは違う美しさとなるだろう


外に出ると、トウモロコシの屋台が。
さっき栗を食べたばかりだけど、せっかくなので?食べよう。
・・・が、味はイマイチ

    屋台-トウモロコシ1

トルコに来て驚いた事の一つと言えば、パンのおいしさ。
もっちり且つふんわりで、世界で一番おいしいかもしれない。
そんなパンが人の頭に乗せられて運ばれて行きました・・・

    職人芸

そして、街中が綺麗なことと、冬なのに暖かい事にびっくり。
冬だけど、半袖でも歩けそう

応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

【2011/03/27 11:00】 | トルコ旅行(2009~10年冬)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。