上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部屋の広さやベットの数によって、部屋の呼び方も色々です。
幾つか挙げると・・・

 〓ドミトリー〓
 大部屋に複数のシングルベットがある形式で、
 部屋ではなくベットが割り当てられるという事になります。
 国籍・年齢・男女の区別なく同じ部屋になる場合が多く、
 部屋にバス・トイレ等は設置されていない事が普通です。

 〓シングルルーム〓
 それほど広くなく、ベットが1つある部屋

 〓ダブルルーム〓
 やや広めで、ダブルベットが1つ設置されている部屋

 〓ツインルーム〓
 やや広めで、シングルベットが2つ設置されている部屋

 〓トリプルルーム〓
 3人で使用される事が想定されています。
 但し、ベットはまちまちでシングルベットx3だったり、
 ダブルベットx1とシングルベットx1の場合もあります。
 ホテルによってはソファーベットだったりする場合も。

 〓スイートルーム〓
 居室と居間が別々となった部屋で、
 かなり広め&豪華な作りとなっています。
 なお、「スイート」とは『ひと続き』と言った意味を持っています。

大体の場合、下になるほど宿泊料が高くなります。
また、その他にも宿泊料に影響する要素があります。それは、

 窓から何が見えるか

です。 たとえば・・・

 エジプトの場合は、ピラミッド

 スイスの場合は、マッターホルン

 ビーチリゾートの場合は、真っ青な海


・・・などがあります。
特別な景色を見える部屋の場合「○○ ビュー」という記述がされており、
総じて宿泊料はお高めに設定されています。

逆に、窓を開けても隣の雑居ビルが見えるだけだったり、
そもそも部屋に窓が無い場合などは、宿泊料が安めに
設定されている場合が多くなっています。

"ホテルは寝れれば良い"という方には、こういった部屋もオススメです



応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ

 
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:旅コラム - ジャンル:旅行

【2011/02/16 22:54】 | 旅のダンドリ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。