上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア料理の中でも特に有名なパスタ

日本ではスパゲティ=パスタと思われている場合もありますが、
実際はパスタという大きなくくりの中の1つとしてスパゲティが存在しています。
パスタの語源は「生地」であり、形状も様々です。

幾つかパスタの種類を挙げると・・・

 〓スパゲティ〓
 日本で最も有名であり、語源の「細い紐」の名の通りの形をしています。
 長さは2~30センチで、太さは1~2m程度。
 太さによって、スパゲティーニフェデリーニカッペリーニという名称になります。
 比較的あっさりとしたソースが合うと言われています。

 〓リングイネ〓
 「小さな舌」が語源であり、切り口が楕円形の形をしています。 
 もっちりとした食感が楽しめ、濃厚なソースが合います。

 〓ブカティーニ〓
 「小さい穴」が語源であり、中心に小さな空洞があるロングパスタ。
 空洞は寒い冬でも早く茹であげる為に開けられています。
 これも濃厚なソースが合います。

 〓フェットチーネ〓
 卵が加えられた平打ち麺であり、タリアテッレとも呼ばれます。
 濃厚なソースが合い、カルボナーラに用いられます。

一般的な麺状、それもほんのごく一部だけでもこれだけあります。他にも

 ペン先の形をしたペンネ

 貝殻の形をしたコンキリエ

 蝶ネクタイの形をしたファルファッレ

などがあります。


イタリアでは1967年に施行されたパスタ法律によって、乾燥パスタは

 ・デュラム小麦から作られたデュラムセモリナ粉

 ・水


を用いる事がパスタ生産者に義務付けられているようです。
歴史も非常に古く、一説では紀元前4世紀には存在していたのでは?
と言われています。驚きですね・・・

応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:海外の名物 - ジャンル:旅行

【2011/02/13 16:31】 | 世界の名物
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。