上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アグラへ行く為に朝5時に起きて、ニューデリー
朝早いにも関わらず、もの凄い人の数

    ニューデリー駅


プラットホームもかなり多く、どこに目的の電車が来るかわからない
日本と同じく電光掲示板にどのプラットホームに列車が来るか
書かれていると思ったが、全く無し。

困ったので駅員さんに聞いてようやく判明
続いて掲示板に貼られた白い紙を見ると列車毎の座席番号が書かれていました。
自分の名前も無事に発見。
予約時点で確定しておいてくれればいいのに、何とも面倒くさい


朝6時にシャダブティエキスプレスが到着。
インドでは最高級クラスらしいが日本でいえば昭和時代の車両といった感じ。
でも朝食&おやつが出たからいいか

エアコンがついていたので車内は快適だったが、
駅じゃない場所で停車する事が多い。
そのせいか到着予定の午前8時になっても、全く目的地のアグラに着く気配がない
一瞬、「寝過ごしたか?」と思ったが、この鉄道に乗っているのは
ほぼ全員がアグラに行く人のはずなので未だなはず。

結局出発から4時間後に到着。恐るべし、インド・・・・

    アグラ駅前

駅から目的のタージマハルまでは8キロ近くあるので
オートリクシャを利用。交渉し、50ルピー(約150円)で手を打つ。
走っている途中、1日観光案内を勧められたが、かなり割高だったので拒否する


タージマハルの入口に到着したが、もの凄い人!
一旦並んだが、別の場所でチケットを買う必要がある事に気づく。
外国人料金の為、日本並みに高い・・・


再度並んで、30分ぐらいでようやく入り口まで到着。
長かった・・と思っていたら荷物検査で携帯電話などは
前もってロッカーに預ける必要があると言われる。

すぐには並ぶ気がおきなかったので、周りを歩いてみよう。
すると違う方角にも入り口を発見! こっちはめちゃめちゃ空いていた。 
何でこんなに違うんだろう?

    タージマハール-内部7


タージマハルは思ったより小さかったが、とても綺麗
これ以上綺麗なお墓は世界中探してもないだろう

    タージマハール-内部3

中心部分に立ち入るには裸足になるか、靴カバーをつける必要があるみたい。
しょうがないので裸足になる。

   暑ッ!!

大理石?の床が熱せられて尋常じゃないぐらい熱い
ここに卵を落としたら目玉焼きになるんじゃないだろうか


タージマハルを出たあたりでお腹が空いてきたので近くにあった食堂へ
店内に入ると、日本やら韓国のガイドブックに紹介された事が書かれた
紙が貼られていました。 店名はGULSHAN LODGEらしい。

やっぱり基本はカレーでしょ ついでにバナナラッシーも注文。

    20060815昼食.2

あまり期待をせずに食べたが、これがめちゃくちゃ美味しい!
人生で食べたカレーの中で最も美味しかったかもしれない
これで75ルピー(約200円)とは・・・


応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

【2011/01/09 17:45】 | インド旅行(2006年夏)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。