上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〓基本情報〓

■旅行期間■
2006年8月13日~2006年8月20日

■同行者■
なし

〓まえがき〓

誰かが言った言葉、

「インドは呼ばれた者だけが来る場所である」


・・・・今回、ついに呼ばれてしまいました
TVを見ていたところ、玉ねぎ型の屋根を持つ白亜の建物が写りました。
そう、タージマハル
荘厳、かつ美麗で是非生でお目にかからないと


今回もヤフートラベル経由で最安値の航空券を探す。
時間と予算の兼ね合いで結構苦労したものの、何とか阪急交通社経由で
マレーシア航空のチケットを確保


タージマハルのあるアグラ迄は鉄道で2時間
主目的がタージマハルの為、満席で行けなくなるのは痛い。
という訳で、インド鉄道のHP経由でチケット予約する

英語表示に苦労しつつ、往復とも寝台車のチケットを予約
しかし、電子チケットのステータス欄には「CNF」という文字が。

  ・・・CNFって何?

"WL"とか"RAC"は調べたら判ったが、『CNF』はさっぱり判らない
不安なので、インド鉄道会社にE-mailにて問い合わせ
すぐに返信がありました。英語の為大まかにしか判りませんが、

「座席番号は4時間前に決まるので、駅構内に貼られる紙を見ろ!」

との事。 とりあえず一安心

その後、ゴニトラベルという現地の旅行会社経由なら
シャダブティエキスプレスのチケットも予約出来るらしい。
折角なので問い合わせてみました。

結果、より快適なシャダブティエキスプレスのチケットを手配してもらう事。
これにより、アグラで1泊する予定が日帰りに変わった事により
ホテルを取りなおす事に。 結局、最初に予約した3つのホテルは
全てキャンセルし、改めて予約し直しました

応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

【2011/01/07 22:37】 | インド旅行(2006年夏)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。