上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あと1月経つと、今年も終わり。
冬期休暇を利用して海外での年越しを計画している方も多いのではないでしょうか?

なごやんも9カ国で年越ししています(2012年11月現在)
今回は今まで訪れた国のうち、記憶に残る年越しをランキングしたいと思います。


第3位:マニラ(フィリピン)

正確に言うと、部屋から出ていません。窓から眺めただけ
年越しに備えて寝ていると、0時が近づくにつれてホテルの外が騒がしくなっていきます。

音の原因は爆竹やロケット花火。今まで戦争は体験したことがありませんが、
まるで戦時下のようでした。
とにかくうるさくて、窓の外をみると、ものすごい量の爆竹が飛び交っていました。

「・・・こりゃ危ない」と感じ、結局はホテルのから眺めただけでした。


第2位:ラスベガス(アメリカ)

初めての海外での年越し。おまけに20世紀→21世紀に切り替わるタイミングでもありました。

0時が近づくにつれ、ラスベガスの中心部には多くの人が集まっていました。
そして日付が変わったとたん、ホテルの屋上から一斉に花火が!!
ラスベガスっぽい華やかな雰囲気を堪能できました。

また、飛行機の中で1度世紀越し(その後日付変更線をまたいで20世紀に戻る)を
していたので、その意味でも印象深い年越しでした。


第1位:シドニー(オーストラリア)

日本人にとっての年越しのイメージは

 紅白を見終わったら寒い中お寺に除夜の鐘を突きに行く

といった感じでしたが、シドニーは南半球ということもあって季節は夏。
Tシャツ&ジーンズで行う年越しのカウントダウンはかなり新鮮。

オペラハウスの前に集まり、辺りにはイーグルス等の曲が大音量で
流れ、周りでは酒を飲んだ若者が踊る。
その中でハンバーガーを食べながら年越しを待つというのは
自分の中の常識の1つが覆された瞬間(大げさ)


応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ランキング - ジャンル:旅行

【2012/11/25 22:02】 | ランキング
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。