上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局、腕時計は見つからなかったので買い直し。
一体何故なくなったのだろう???


今回の旅では、初めて数日間単独行動&宿交渉をしたのも良い思い出。
心の中で、

 パラパ パッパッパ~♪

 なごやんは旅レベルが2に上がった

 なごやんは特技「単独行動」を覚えた


という音楽がなった気がする
これからは一人旅とかもいいかもしれない。


初めてのヨーロッパという事もあり、驚いた事もいっぱい。

 ・物価が高い

 ・チップを払う必要がある

 ・夏は夜遅くまで太陽が沈まない

など、今まで日本で当然と思っていた事が
世界では違うんだという事を知りました。


    ↓応援ありがとうございます↓
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ 人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

【2010/09/15 21:30】 | スイス旅行(2001年夏)
トラックバック(0) |
朝食はこれまでのビュッフェ形式ではなく、コース形式でした。
メニューはいたってノーマルな感じだったが、ヨーグルトがなかったのが残念


チェックアウト後、昨日行きそびれたグロスミンスター教会へ行く。
中に入るとすぐにジャコメッティ作のステンドグラスが目に飛び込んでくる
本格的なステンドグラスを見るのは初めてだったが、
あまりの美しさに圧倒される。
また、教会の塔の上から眺めるチューリッヒの街並みも同じぐらい最高!


街を歩いていると、サンルーフから身を乗り出してキャンディを投げてる人がいたが、
結婚式か何かだろうか・・・ せっかくなので拾い食い


昼食は前日と同じく中華
駅近くの中国園という店でカニとアスパラガスのスープとチャーハンの2品
スープは薄味だったが、美味しい


空港について別行動していたムーミンとグッチと合流。

・・・・3日間日本語を話していなかったので、言葉がうまく出てこない。

2人の話を聞いたところ、ジュネーブでは宿が見つからず公園で寝たそうだ。
夏だから大丈夫と思ったそうだが、明け方は結構冷え込んだとのこと。


飛行機に乗って早々、廻りに座っていた韓国人が大声で喋っていてうるさい
注意しても駄目っぽいので、あきらめてさっさと寝る
しばらくして、何か違和感を感じて目を覚ます。

・・・何かおかしい。

・・・何か足りない。


ふと腕を見ると、腕時計がなくなっている!
間違いなくしていたはず。
近くにいた韓国人が気になるが、そんな事をするのだろうか?


ソウルへ到着後、空港の事務局に盗難届を出したが、
きっと戻ってくる事は無さそう


    ↓応援ありがとうございます↓
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ 人気ブログランキングへ


FC2blog テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

【2010/09/14 22:41】 | スイス旅行(2001年夏)
トラックバック(0) |
チェックアウト時に宿代の清算をするが、当初1泊35スイスフランと思っていたら、
実は135スイスフランという事が判明。

約4倍とは・・・・・

お金も減ってきたし、ここでの出費は痛い


お土産としてチーズの塊を買ったが、これが失敗。
道に迷って1時間歩く事になった間、これが重いのなんの

迷っている間、この旅でよく聞いたBahnhof(バーンホフ)の意味を考えていたが、
ようやくという意味である事に気づく
ずっと疑問に思っていたので、すっきり。
("hof"には「宿場」という意味もあるらしい)

疲れのせいで、電車でチューリッヒへの移動の1時間は熟睡


チューリッヒ
に到着して、すぐに宿探し。
当初目をつけていたところは高かったので、別のところを探す。
お金がなくなってきたので、1泊7000円以下に抑えたい

しかし、スイスの中心都市だけあって全然見つからない・・・
ようやくリトマホフという宿に決定。立地も良いし、景色も最高!


宿の予約はガイドブックで覚えた
「Can I get a room for tonight?(今晩部屋空いてる?)」
というフレーズを用いたが、この旅で
何十回と言い続けたので、かなり発音が良くなったかも


荷物を置いたのち、街を散策する
チューリッヒは歴史的を感じさせる建物と近代的な雰囲気が入り混じって
とても良い感じ

    photo_swiss7.jpg

スイスでは日本文化がかなり浸透しており、
デパートでポケモンの大会を開催していたり、街中に日本の少女漫画を用いた
アート作品が置かれていたりと、かなり親日的な印象


途中、COOPというスーパーマーケットに立ち寄る。
値段を見てビックリ!

・・・・安い


今までミネラルウォーターは街中で1本150~300円ぐらいで売っていたのが
ここでは50円程度で売っている。
各所でチェーン展開していたので、もっと早く気づいていれば


スイスの料理にも飽きてきたので、夕食は中華料理屋へ
チャーハンはタイ米が使われていたが、久し振りの中華という事もあって
結構美味しい。 一緒に頼んだ野菜麺もなかなかイケる


夜12時近くになっていたが、スイス最後の夜ということもあったので散歩
夜遅いのに、老人や女性、子供も平気で歩いていました。 
日本より平和かもしれないな~

しかし、迷彩服をきた軍人さんが大挙して歩いていたのが
日本ではない事を感じさせる


    ↓応援ありがとうございます↓
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ 人気ブログランキングへ


FC2blog テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

【2010/09/13 22:22】 | スイス旅行(2001年夏)
トラックバック(0) |
ジュネーブは中立国という事もあり、国際機関が充実しています。
この日最初の目的は国連ヨーロッパ本部
30分歩いて、ようやく到着
世界的に重要な機関ということもあり、セキュリティーがとても厳しい
X線を用いた荷物チェックがあり、更にパスポートをとられた

国連では約600円で見学ツアーをやっていたので、参加する。
しかし、説明は全て英語だったので、ほとんど何を言っているか分からず

    photo_swiss5.jpg

ここジュネーブにはシュテットレーという有名なチョコレート店があります。
このお店は雅子妃が皇太子に送った事でも有名であり、せっかくなのでお土産として買いに行く。
日本語の説明書きもあり、日本人客の多さがうかがわれました


ジュネーブを後にして、ベルン

初日に来た時と比べると昼間という事もあって、とても賑やか
目的地へのクマ公園は歩いて30分程度で到着
もっと動物園ぽくなっていると思ったら、道端にお堀があって、
2匹の熊がその中でけだるそうに座っているだけで少し期待外れ

    photo_swiss6.jpg


少し先にバラ園もあるらしいので、ついでに行ってみよう。
バラ園までは上り坂が延々と続いており、かなりきつい・・・・
・・・が、途中の高台から見たベルンの街はとても綺麗

しかし、肝心のバラ園は結局発見できず。
一体どこだったのだろう?もう少し先だったのかも??


疲れていたので、帰りはトロリーバスを利用。 いや~快適だわ
しかし、乗る時も降りる時もチケットチェックは無し。
いくらでもごまかせるんじゃない?


ベルンを後にして、バーセルへ移動
今までの場所と違って、アジア人を全く見かけなかった。
適当に歩いていると、案の定迷う
困っているとおばあさんが助けてくれた。スイスはみんな親切だ!

ホテルはライン川のほとりにあるクラフト・アム・ライン
料金は1泊2500円程度と、とても安い! 
一部電球がつかないという不具合があったが、おおむね満足

この街に来たのはスイス&ドイツ&フランスの三国国境モニュメント
見るのが第一の目的。

バスを使って近くまでいった後、現地までは徒歩で移動。
ほとんど人通りはなく閑散としており、途中人気のない倉庫地帯で
たむろしていた外人の集団と居合わせた時は怖かった・・・


夕食はパンにトマト等の野菜、肉を挟んだサンドイッチみたいなものを食べる
あまり味は無かったが、それなりに満足


夜10時を過ぎていたが、せっかくなので街をぶらぶらする
今まで滞在した街は山岳地帯が多かった事もあって、人気がなくなっていたので
賑やかなのがとてもうれしい。


    ↓応援ありがとうございます↓
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ 人気ブログランキングへ


FC2blog テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

【2010/09/12 17:16】 | スイス旅行(2001年夏)
トラックバック(0) |
朝食後、部屋でくつろいでいると、遠くで

カラン、コロン、カラコロン♪ カラカラコロン♪

おお!カウベルの音が聞こえる!
見ることは出来なかったが、教会の鐘の音と相まって異国情緒満点

チェックアウト後、外に出るとお祭りムード一色 駅前まで行くと、
ホルン演奏や民族衣装を着てダンスを踊っていたりとお祭りの真っ最中。

          photo_swiss3.jpg

昼食は屋台でウィンナーを食べる。
巨大だったけど、大味ではなくとても美味しかった


お祭りは各ホテルの人たちが民族衣装や昔の登山姿を再現した服装、
その他趣向を凝らした服装を着てパレード。本当にみんな楽しそう。 
年に1回だし、みんなこのお祭りが楽しみなんだろうな~

列車の中で、次の行き先を相談。

 なごやん:
 山は堪能したので、そろそろ街に行きたい

 グッチ&ムーミン:
 まだまだ山を堪能したい!


と、真っ二つに意見が分かれたので、
仕方なくマルティニで別れて、それぞれ別行動する事に
これからは一人で宿交渉もしないと


目的地のジュネーブには夜7時に到着。
まだ明るかったので、まずは観光。

ジュネーブ最大の名物は高さ140mの大噴水
早速見に行く。 遠くからでも分かるが、近くに寄ると本当に大きい!

          photo_swiss4.jpg



・・・・しばらく大量の水を見ていたのでトイレに行きたくなる
公衆トイレを探したところ、全て有料 
ちょうど小銭を持っていなかったので困っていると、
前に入った人がドアを押さえておいてくれた。 いや~助かった


その後、サンピエール寺院宗教改革記念碑を見物し、
満足したので宿探し開始

・・・が、ホテルは満室ばかりで全く見つからない3時間かけて8件巡ったころには、
「もうだめだ、こりゃ野宿だ・・・・」
と思い始めていたころ、やっと空いているホテルを発見
料金は1泊7000円とちょっと高めだが、仕方ない。

もう夜11時を過ぎているし、疲れきっているので夕食は食べずに寝よう


   ↓応援ありがとうございます↓
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ 人気ブログランキングへ

FC2blog テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

【2010/09/11 22:57】 | スイス旅行(2001年夏)
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。