上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前日は遅くまで起きていたので、起きたのは朝9時
朝食も麺を中心に軽めに済ます。

    20110101朝食

時間が余っていたのでオールドカイロ地区でのお土産探し。
早朝という事もあり、前日のカウントダウン時とは打って変わって静かそのもの。

    オールドマーケット9

自分&お竹用の土産として、コーヒー、パイナップルワイン、硬貨セット等を購入
硬貨セットは最初10ドルと言われるが、頑張って5ドルに値切る

ところで、バラまき用お菓子購入する場合、注意する点が2つあります。

 1つは日本人好みの味であること

 もう1つは小分け包装されていること

カンボジアには、なかなかこの2点を満たす土産はないですが、
先日購入したアンコールクッキーと、ノム・トム・ムーンは条件を満たしています。
但し今回は試食だけで購入せず。

    オールドマーケット5

オールドマーケットには雑貨類も多く売っています。
珍しいのは二足歩行のワニの剥製。 
こんなのがリビングに飾ってあったらビックリ

    P1030247.jpg

更に時間が余ったので、インターネットカフェで時間つぶし。
ここで浜崎あゆみが結婚した事を知りました・・・
料金も2時間1ドルと格安。

一旦ホテルへ荷物を取りに行った後、トゥクトゥクで空港へ。
やっぱりトゥクトゥクは風情があって良いね

空港に到着
チェックインの際、ワインを手荷物で持っている事に気づき、
大急ぎでスーツケースを空けて梱包し直す。

チェックイン後、コーヒーショップに行くと、やたら店員の女の子に話しかけられます。
どうも「日本の友達が欲しいからメールアドレスを教えてほしい」という事らしい。
しかし、結婚してるし言葉もわからないので教えず。

今回の席番号は02Dだったので、「もしかしてビジネスクラスか!?」と思ったが、
残念ながら全席エコノミーの飛行機でした。 残念・・・・

    バンコクエア1

→タイ旅行編へ

応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

【2011/07/17 11:00】 | カンボジア旅行(2011年冬)
トラックバック(0) |


Chempaka
おお!なごやんさん!モテモテですやん!(笑)
おかしいなあ~~、僕がウロウロしてた時は
そんな声、一切掛けられなかったけどなあ~(笑)

空港では、重いとわかっていてもアンコール遺跡関係の
分厚い本がほしくなるんですよね~(笑)
何冊かいつも買ってしまいます!(笑)

chempakaでした!


なごやん
chempakaさん->
たまたまです^^;
明らかに怪しい場合を除けば、それほど無いです。。

アンコールワットなど、遺跡についての本は惹かれますね~v-353
時代背景や様々な写真など、「事前に見ておけばもっと楽しめたのに!」と思う反面、
実際に見る前までは「ガイドブックで充分。」と思ってしまうんですよね・・・v-390

コメントを閉じる▲
今日は12月31日。 大みそかです。

ホテル主催の年明けのパーティーとして、ガラディナーが開催されます。
せっかくなので参加しようと思い、開始予定時刻の
18時30分に会場であるプールへ移動。

スケジュール表には「プレゼント付!」と書かれていましたが、
もらえたのはこじんまりとしたランチョンマット。 
・・・使わないな~

料理はビュッフェ形式で、その場で作ってくれるものもあります。

    ホテルガラディナー7

料理の種類は様々だが、デザート類の種類がとても多い!

ショーは伝統舞踊など様々。
賑やかだが、何となく淡々と進んでいる気がして、楽しさはイマイチ

    ホテルガラディナー3

21時を過ぎた頃、少し頭が痛くなってきた・・・
昼間の疲れもあるし、無理はせず一旦部屋に戻ろう。
もっていたポカリスエットの粉をミネラルウォーターに入れ、それを一気飲み。
暫く寝れば治るだろう

23時30分起床。体調もかなり復活!
ガラディナーはイマイチだったので、市中へカウントダウンをやりにいく。
中心部であるオールドマーケット地区パブストリートへ移動

ここは昨年より年明けカウントダウン時は歩行者天国化して、
カウントダウンを行っているらしい。

中心部へ到着。やっぱり凄い人!そして賑やか!
とにかく花火が飛び交い、音楽も大音量で大盛り上がり。
外国人旅行者と現地の若者が混在となって、良い雰囲気

カウントダウンがあると思ったが、はっきりとしたカウントダウンはなく
「いま年が明けたの!?」と半信半疑状態

    カウントダウン1

    カウントダウン3

しばらく年越しの賑やかさに身をまかせつつ、ホテルに戻って寝たのは
午前2時となってしまいました。 明日は特に予定もないし、ゆっくり眠ろう

応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ

FC2blog テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

【2011/07/15 11:00】 | カンボジア旅行(2011年冬)
トラックバック(0) |


だだ
カウントダウンのない年越しイベント!(笑)
カウトダウンが聞こえないくらい盛り上がっていたとか、盛り上がりすぎてカウントするの忘れちゃったとかではなくて?
そのザックリさが楽しそうですね~。
私は海外で年を越したことがないのでちょっと羨ましいです。


なごやん
だださん->
カウントダウンは結構盛り上がってましたよ~
ただ、大音量で音楽が鳴り響いていたので、
それもあってウヤムヤになったかもしれません^^;

歩行者天国状態にしてのカウントダウンは今回が2回目との事だったので、今後に期待ですv-218


chempaka
あのパブストリートでカウントダウンですか!
いいなあ~~いいなあ~~!

僕はあのパブストリートの路地裏にある小粋な
レストランがひしめき合ってるエリアが好きで
毎日通ってました!

僕はお酒は飲みませんが雰囲気が凄く好きです!

chempakaでした!


なごやん
chempakaさん->
やっぱりカウントダウンはホテルでやるより、賑やかな方が良いですよね^^

自分もお酒は飲めないのですが、あの雰囲気に身を置いているだけで楽しいですよね~


コメントを閉じる▲
13時30分に午後ツアーのガイドと合流
午前ツアーに参加していたご夫妻+自分の3人となります。

午後の目的地はシェムリアップ近くのロリュオス遺跡群巡り


まずはロレイ遺跡
結構崩れている部分がありますが、逆に趣も感じます。
一部に漆喰が使われているらしい。

    ロレイ5

この遺跡ではフルーツも豊富で、バナナやドラゴンフルーツ、龍眼、
ジャックフルーツ等が育っていました。

    竜眼

    ドラゴンフルーツ1

また、ここには僧用の小学校もありました。
みんな真面目に授業を受けています

    ロレイ20

    ロレイ30

続いてプリア・コー遺跡
・・・と、その前に遺跡の目の前にある石細工や、水牛の皮を用いた
影絵人形の工房を見物。

    工房7

    工房1

プリア・コー遺跡も崩れかかっている部分はありましたが、
細やかな石細工はさすが

    プリアコー5

    プリアコー7

なお、プリア・コー遺跡にはコブラがいるらしい
そういえば草むらで、ささっと動く物体がいたような・・・
サンダルだったし、なるべく近づかないようにしよう

そして最後のバコン遺跡
ここは今まで2つと比べるとかなり巨大

    バコン8

    バコン12

象の石像が多く見られました

    バコン14

ツアーはこれにて終了。一旦ホテルへと戻ります。

一旦ホテルに戻った後、お土産を買いに出かけます。
元々カンボジアには、お土産に向くお菓子があまりないようです。
味がイマイチだったり、小分けされていないものが多かったり

事前に調べた結果、お土産に向いていそうなのが、

  アンコールクッキー

と呼ばれるお菓子です。
このお店は日本人が経営しているらしいが、材料はカンボジア産らしい。

地図で見る限り近かったが、実際に歩くと30分ぐらいかかってしまいました。
店の内部はとても綺麗 
入るとすぐにカンボジア人の女の子が日本語で挨拶をしてくれ、
冷たいお茶も出してくれました。 
この細やかさが日本人経営というを感じさせます

ここではバラまき用のクッキーやお茶、コーヒー、
胡椒をまぶしたバナナチップス等を購入。

    アンコールクッキー3

荷物が多くなったので、帰りはトゥクトゥクを利用。
最初3ドルと言われたが、値切って1ドルにしてもらいました。

そういえばカンボジアでは、犬は良く見るが猫は全く見ません
国によっては逆の事もあるので、何だか不思議な気分。

暑さのせいか、もの凄くだるかったので1時間程度仮眠

応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ


FC2blog テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

【2011/07/13 11:00】 | カンボジア旅行(2011年冬)
トラックバック(0) |


chempaka
ロレイの学校って中に入れるんですね~!
入れば良かったなあ~~。。。

小僧さんがたくさんいたけれど、喫煙率高いですよね~!
見かけませんでした?よくプカプカしてますよ~!

僕はカンボジアではいつも黒胡椒を買って帰ります!
アンコールクッキー、食べた事ないですが、おいしいです?
いつも買いそびれ~(笑)

僕も昼には一度ホテルに戻って昼寝してました~。
でないと身体が持ちませんよね。。。

chempakaでした!



なごやん
chempakaさん->
ロレイの学校はカメラのズーム機能を使ってとりました。
(さすがに入るのは気がひけます・・・^^;)

タバコ吸ってるのは見ませんでした。
吸っているなんて驚きですv-405

アンコールクッキーは、絶賛!とまでは行かないけれど、優しい甘さで美味しかったですよ^^
どちらかいうと女性が好みそうな感じかもしれませんv-410

コメントを閉じる▲
朝7時に起き、朝食バイキングへ
種類が豊富なので、昨日とは異なる料理を中心にセレクト。

この日はバンテアイスレイに行く予定。
現地ツアーのピックアップは8時45分にありました。

前日両替したお金も底をついたので、新たに1万円を両替
念のためにホテルの両替所と、ホテルを出てすぐの両替所を比較したところ、

 ホテル内->90ドル
 ホテル外->117ドル


と、大きな違い。 これ程違うとは!

今回のツアーは今までとは違って、他の旅行者と一緒になります。
他の人たちは学生風で結構若め&前日からの知り合いっぽい。
何だか入りにくい・・・

バンテアイスレイシェムリアップから40km程度離れています。
バスでの移動途中に車窓から見える風景は、のどかそのもの。
高床式住居が多く、大きな鍋で水を煮立てて砂糖を作っている家が多かったです。

バンテアイスレイに到着。
バンテアイスレイとは「女のとりで」という意味です。
そのせいか、今までの遺跡とは違って赤色を基調とした外観となっています。
彫刻も細やかで美しい

    バンティアイスレイ2

    バンティアイスレイ8

    バンティアイスレイ11

    バンティアイスレイ27

なかでも有名なのが東洋のモナリザ
美しさが際立っています。

    バンティアイスレイ19

・・・ただ、この像は昔盗難に遭いそうな事もあって、近づく事ができません。 
10m近くは離れる必要がありました。

肉眼だと何となくしか見えなかったのですが、ここで威力を発揮したのがデジカメ。
1年ほど前に光学12倍ズームのカメラに買いかえたので
写真ではしっかりと細かいところまで見る事が出来ます。

午前のツアーはこれで終わり。 一旦ホテルへ戻ります。
昼食は途中のレストランでクメール料理のコースを頂きました。

    20101231昼食2

フルーツが特に豊富で、パイナップルやバナナ、龍眼など様々
やっぱり南国フルーツは美味しい!

    20101231昼食

    
応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ

FC2blog テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

【2011/07/11 11:00】 | カンボジア旅行(2011年冬)
トラックバック(0) |


chempaka
バンテアイスレイ。。。
一番美しいと言われるデバターは
立ち入り禁止のロープの中で見る事が
出来ませんでした。。。

ここは遺跡の「管理」が始ってますよね~。

高床式住居の床下部分にたいていハンモックが
掛かっていていいなあ~と思ってました(笑)

あと、井戸を掘りました!という各国の看板も
目立ってましたね~。。。
意外と韓国や中国も多かったですね!

ロンガン。プリッとしておいしいです!

chempakaでした!


なごやん
chempakaさん->
バンテアイスレイは、盗難されそうになったから現在の様な監視体制となったようですが、
昔のツケが今に・・・と思うと悔しいですよねv-412

龍眼は今回初めて食べました。
ライチみたいにあっさりとした食感で美味しいですよね~v-398


だだ
ええー!監視体制になったんですか!
知りませんでした。
細部が見られないじゃないですか。
けっこうショックです。
本当に綺麗だけど…でもまさか、遺跡からはずして盗もうとするなんて。
悲しい話ですね。


なごやん
だださん->
本当に目の前で見えなかったのが心残りです>_<
盗もうとするのは極端ですが、自分が旅行に行った時も、今後行く人の事を考えて迂闊な行動をしないように気をつけないといけないですね^^;

コメントを閉じる▲
レストランから歩いてアンコールワットへ。
入口から見ると、より広大さが際立ちます。

    アンコールワット05

中は工事中のところがあったのが残念だけど、見どころ充分。

    アンコールワット19

    アンコールワット23

    アンコールワット41

一番上の塔に登る為には、とても急な階段をのぼる必要があります。
あまりの急さに、妙齢のおばさんが挫折していました。

    アンコールワット29

本当に急&滑りやすいので登る際はスニーカーが必須です

続いてタ・ケウへ。 
アンコールワットと比べるとこじんまりしていたが、造りは良い


そしてタプロムへ。
内部は意外と広く、最初はずっと林道が続きます。
どこからともなく、”キーン”という甲高い音が鳴り響く。いったい何の音?

タプロムは映画・トゥームレイダーでも使われており、
成長した木が遺跡を飲み込む姿がとにかく圧巻です

    タプロム12

    タプロム31

崩壊も進んでおり、いずれ見えなくなってしまう懸念もあるらしい。
今回何としてもアンコールワットに来たかったのは、これが崩れないうちに見たい
というのも大きな要因でした。

内部はとにかく複雑。 3周ぐらいして、ようやく一通り見る事が出来ました

こんなところにもひっそりと。

    タプロム33

続いてバンテアイ・グティへ。
中に入ると早々に土産物の売り子4人に囲まれます。
買う気はなかったので、早歩きで振り切ろうとするが、一番小さい子が
最後までめげずに付いてきます。
その根性に根負けして、絵葉書を買ってあげる

バンテアイ・グティを抜けると、そこには大きな湖がありました。
スラ・スランという名前で、日の出の見学スポットらしい。

    スラスラン3

本来はココでツアーの全行程終了だが、ガイドさんより
「夕日見たい?」との一言が。 当然、「見たい!」と返事。

夕日はプノンバケンという、山の上にある遺跡から眺めます。
但し、トゥクトゥクは入れない為、麓で別れて徒歩で向かいます。
徒歩で山を登って30分弱でようやく到着。 眺めも絶景です。

    プノンバケン3

段々と日が暮れ・・・・

    プノンバケン4

    プノンバケン9

とても綺麗な夕日を拝む事ができました

    プノンバケン13

麓に戻る頃には真っ暗&凄い人。 数千人はいそうな感じ。
こんな中でドライバーが見つかるんだろうか・・・・
かなり心配になったが何とか発見。

夕食はオールドマーケット地区にあるクメールキッチンにて
クメールスープ&フライドライスを食べる

    20101230夕食

オールドマーケット地区を歩いていると、とにかくドクターフィッシュが目立ちます。
日本でも静かなブームだが、アンコールワットでは大ブームのようです

    ドクターフィッシュ

部屋に帰って顔を洗うと、真っ黒。やっぱり土埃がひどい!

応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ

FC2blog テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

【2011/07/09 11:00】 | カンボジア旅行(2011年冬)
トラックバック(0) |


だだ
夕日がとってもきれいですね!
壁画の3美女も美しいのですが、胸だけが黒ずんでいるのが気になります。
触りまくるところ?
アンコールワット周辺遺跡の子供達は、激しくお金をねだってきたり物を売りつけたりしてくるので疲れた覚えがあります。
なごやんさんは絵葉書買ったのですねー。
私はココナツジュースを買いました。



なごやん
だださん->
胸が黒ずんでいるのは、何となく一番ご利益がありそうな感じなので、とりあえず触る
→後世の人は、黒くなっているのでご利益があると思い、更に触る。
という感じでしょうか・・・

いつもは売り子から買う事は無いのですが、
6歳ぐらいの子が頑張っていたので、つい買ってしまいました^^;


確かに。。。
chempaka
アンコールワットの第三回廊への階段は恐ろしく
急で怖いですよね!登りはまだいいんですけど
帰りが。。。(苦笑)

でも、第三回廊にはきれいなデバターが残っていましたよね~~!
胸も黒くないし!(笑)

タケウも登りました?あそこの階段も怖かったです。
ほんと、スニーカーは必要ですね!

タプローム。。。わざとスポアンの木を残しているらしいですけど、
確実に遺跡は崩壊していってるわけで。。。複雑な気持ちですね。

プノンバケンからの夕日!きれいに見れてラッキーでしたね!
あそこの人の多さには閉口ですが(笑)
あそこの階段もそういえば急でしたね~。←こればっかり(笑)

なごやんさんのブログのリンクを貼らせていただきました。
良ければ相互リンクをお願いしたいのですがいかがでしょうか?
引き続き宜しくお願い致します。

chempakaでした!


なごやん
chempakaさん->
タケウも登りましたよ~
どちらかいうと、あちらの方が怖かったかも?

プノンバケンも戻る時は足元が暗い&人が多い状態だったので、あちらも怖かったですね・・・v-393

リンクの件、了解しました!
こちらも張らせて頂きますね^^

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。