上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一昔前までは

 カジノ = ラスベガス

といった感じですが、近年急激な発展を遂げているのがマカオ
市場規模では既にラスベガスを抜いて世界一位となっています

2001年まではカジノ経営を外資に開放していなかったのですが、
解放後はサンズMGMウィンといったラスベガスでも
お馴染みのカジノが相次いで建設されました

しかし、地元系のリスボアも新たに大規模なカジノを建設して
相変わらずの人気を集めています。

    Gリスボア12


カジノで行われるゲームは基本的にはラスベガスと同じですが、
マカオ独自のゲームとして、

 大小

というものがあります。
詳細な説明は省きますが、サイコロを3つ振って出た目の合計数などを
当てるといったゲームとなります。

なお、マカオの通貨はパタカですが、ゲームをする際には
基本的に香港ドルが使われます


2013年時点のマカオとラスベガスを比較すると、
ラスベガスの方がエンターテイメント(ショーやマジック)、ホテルの外観の奇抜さ
が上回っているように感じます。
しかし、2001年からの10年ちょっとで大きく変貌を遂げたマカオ、
そちらの方面にも今後力を入れてくるのではないでしょうか?


応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:海外の名物 - ジャンル:旅行

【2013/02/24 10:00】 | 世界の名物
トラックバック(0) |
ロシアを代表する名物の1つがコレ。

名前をマトリョーシカと言います。
一見ダルマ人形にも見えますが、中央の切れ込みに沿ってパカッっと開けると
その中にも似たような人形があり、さらにそれを・・・・と、開くたびに
小さな人形が出てくる仕組みになっています。

マトリョーシカの起源には諸説ありますが、最も有力となっているのが
19世紀末に箱根を訪れたロシア人修道士が、箱根細工の入れ子人形を持ち帰った事に
より形を変えてマトリョーシカとなった説です。
その説が本当ならば、現在は日本へ逆輸入という形ですね~


マトリョーシカ1900年パリ万国博覧会で銅メダルを受賞したのを機会に
ロシア全土に知られるようになり、各地で様々な形のものが作られるようになりました。

一般的に有名なものは、女の子をかたどったものですが、
近年では動物や世界各国の有名人、ロシアの歴代大統領を模したものもあります。

    
いちごマトリョーシカ 5人姉妹 レッド×ピンク 【マトリョーシカ】




マトリョーシカはロシア全土どこでも購入することができますが、値段も様々。
一般的に手作り&入れ子の人形の数が多い(=本体が大きい)ほど高額となります


応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ

FC2blog テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

【2012/10/05 10:00】 | 世界の名物
トラックバック(1) |


投資の入門
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。


-
投資の入門さん->
お越し頂きありがとうございます^^
今後共よろしくお願いしますv-222

コメントを閉じる▲
情熱の国、スペインの中でもフラメンコと並んで
情熱を感じさせるのが闘牛

一般的に闘牛は一人のマタドールが最初から最後まで牛と対峙すると
思われるかと思いますが、実はそうではありません。
大体下記の流れが2時間の間に6回繰り返されます。

 1.見習い闘牛士がピンクのマントで挑発
 2.馬に乗ったピカドールが牛を槍で刺す
 3.バンリリェーロが銛を刺す
 4.マタドールが剣で止めを刺す


歴史は古く、600年以上前に始まったとも言われています。
国技でもある闘牛ですが、近年では動物虐待の観点から衰退気味。
2011年にはバルセロナでの闘牛が幕を下ろしてしまいました。

現在では国民の4分の3が「闘牛に関心がない」との調査結果が出ています。
なごやんからすると、"全国民が熱狂するほど好き"といったイメージが
ありましたが、これは本当に意外でした
日本人に対する相撲みたいな感じなのでしょうか・・・


それでも観光客には闘牛は人気。見るためには下記の事に注意しましょう。

1つは時期。1年中やっている訳ではなく、
毎年3月15~19日に行われるバレンシアの火祭りの日に幕開けし、
10月10~18日のサラゴサのピラール祭りで終了します。
主に土・日曜開催となります。

また、人気の闘牛士(マタドール)が出場する日は大人気となるので
予約が必須。 日本人にとっては、いつ込み合うかがわかりづらいため
事前予約がオススメです

応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ

FC2blog テーマ:海外の名物 - ジャンル:旅行

【2012/04/10 10:00】 | 世界の名物
トラックバック(1) |
日本でも近年人気の高い北欧雑貨。
イケアタイガーといった北欧雑貨を扱う店も大人気となっています。
モチロンなごやんも大好きです

北欧雑貨・家具は無垢の木を用いたものが多いこともあって
日本の住宅にもとても良く合います。

北欧雑貨はお洒落&落ち着く感じと言われていますが、
それは北欧は冬場は特に寒い&夜が長いことが関係しています。

  寒いと家の中に要ることが多くなる
        ↓
  家の中で使うものを使いやすくしたい
        ↓
  いつも眺めるにはお洒落な方が良い


といった流れのなかで現在の洗練された北欧雑貨が形作られてきました。


フィンランドのメーカーで特に有名な会社はイッタラマリメッコ
イッタラは独特の色使いの食器、

  
iitala イッタラ origo オリゴ マグカップ/REDレッド





マリメッコは花柄をモチーフにした雑貨が特に有名









有名なデザイナーも多く、アルヴァ・アールトなどが特に有名。
雑貨だけではなく建物、家具などもデザインしている多彩な人物です。


街中お洒落な雑貨満載のフィンランド。訪れた際には是非探して見ましょう

応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ

FC2blog テーマ:海外の名物 - ジャンル:旅行

【2012/04/06 10:00】 | 世界の名物
トラックバック(0) |
ケチャップといえば、主な原料としてトマトが使われているのが
当たり前ですが、フィリピンでは

 バナナ

が主原料となっているものがメジャーです。

    

主な要因はやっぱり値段
トマトケチャップもあるようですが、高い・・・
バナナケチャップの数倍の値段がするようです


バナナでもケチャップっていうの!?
という疑問が浮かびますが、ケチャップの定義は辞書によると

 野菜・クルミなどを煮て裏ごししたものに
 調味料・香辛料を加えて煮つめたソース


とあるので、バナナでも問題は無いようです。
少し違和感がありますが・・・

ただし味はバナナっぽさはなく、ちょっと甘めのケチャップ
といった感じです。

ちなみに色は着色料で赤色をつけられています。
 

食べ方としては通常のトマトケチャップと同様に、料理の味付けに使ったり
フライドポテトをディップして食べたりとさまざま。
フィリピンの有名なハンバーガーチェーン店・ジョリビーでも
このバナナケチャップが用いられています


応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ

FC2blog テーマ:海外の名物 - ジャンル:旅行

【2012/02/24 10:00】 | 世界の名物
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。