上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回の旅は寒暖の差が激しめ。

 フィンランド   ⇒死ぬほどさむい

 カッパドキア   ⇒かなり寒い

 イスタンブール ⇒暖かい

といった具合に、段々と暖かくなったので
イスタンブールでは昼間は半袖でもOKでは?と思うぐらい暖かかく感じました


今回の旅では2つの大きなトラブルがありました。

まず1つ目はフィンランドでホテルの予約が入っていなかった事。
これは、ホテルを予約したサイトの評価欄に文句を書いたら
すぐに"手違いだった"旨の連絡がありました。返金処理もされたので満足

もう1つは寒さのせいでデジカメのメモリカードが読み取られなかった事。
これもメモリカードの販売元に連絡して交換してもらってからは
至って順調に動作しています。
多分寒さのせいではなく、初期不良だったのだろう


今回は初めて北欧を訪れましたが、街並みもきれいだし雑貨類も日本人好みな感じで
行った甲斐がありました。(但し、物価はめちゃくちゃ高いが・・・)
今度行く時は夏に、もう少し時間をかけて廻りたい

トルコはとにかくパンがおいしい! 何故こんなにおいしいんだろう?
その他の食べ物もおいしいし、温暖で街並みもきれい。
今まで行った都市の中でも「住みたい街」トップクラスに位置しています

応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

【2011/04/06 11:00】 | トルコ旅行(2009~10年冬)
トラックバック(0) |
昼過ぎの飛行機で帰国するので、未だ半日近くは観光できそう。

とは言っても、遠くには行けないので近くを巡る
まずは、この旅3回目のブルーモスク
3度目と言っても、その素晴らしさは色あせる事がありません。


まだまだ時間が余っているので、わき道を中心に散歩
色々見ながら歩いていると、看板に

 OTEL

と書かれていました。
「・・・・もしかして、HOTELか?」
疑問を残しつつ、その場を立ち去りました。

    OTEL.jpg


暫くすると、海沿いに出ました。
結構風が強く、波しぶきが高い

対岸は通称アジアサイドと呼ばれています。

    アジアサイド-1

元々トルコは海峡を隔ててヨーロッパアジアが分断されています。
今回の旅ではアジアサイドに行く事はなかったけれど、いずれ行きたい


そろそろ宿に戻らないといけないけれど、
歩けど歩けど戻る旅の道がありません・・・・・
それもそのはず、トプカプ宮殿という巨大な宮殿の周りを歩いている為、
敷地をぐるっと回りこまないと戻る事ができません。

裏側にはアリババっぽい感じの銅像が建てられていました。

    トプカプ宮殿の像


無事ホテルに到着後、タクシーで空港へ。
空港にもドンドルマが売られており、当然食す。
やっぱりおいしいなぁ~


13時過ぎの飛行機でイスタンブールを経ち、経由地のヘルシンキへ。
時間があったらお土産ものとか見たかったのだが、全然なかったので何も見えず。
余裕があれば北欧雑貨を物色したかったんだけど


名古屋へは翌朝に到着となりました。

応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ


FC2blog テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

【2011/04/04 00:46】 | トルコ旅行(2009~10年冬)
トラックバック(0) |

正解
添てん
OTEL = HOTEL です

私もドンドルマのアイスクリーム
大好きです♪


なごやん
添てんさん->
やっぱり「HOTEL」だったんですね~
なんで"H"が抜けたんでしょうか・・・

ドンドルマはあのもっちり感がたまりませんねv-398
日本でももっと食べられる場所が増えるとうれしいですね~

コメントを閉じる▲
お竹はハマムに行きたいそうだが、自分は興味が無かったので
ここで暫く別行動する事に。

まず訪れたのはグランドバザール近くのベヤズット・ジャーミィ
それほど有名な場所ではないけれど、充分に大きくて威厳あり
有名でないのは、更に凄い建物が沢山あるからだと思い知らされる。

    ベヤズットジャーミィ-3

    ベヤズットジャーミィ-6

道を歩いていると、変わった壺みたいなのが置いてありました。
何だろう?と思い、中に入って見る。
そこはカフェになっており、管を加えて口からモクモクと煙を出していました。
・・・・そう、これが水タバコというものらしい

    水タバコ

再度ブルーモスクへ。ここは何度来ても良いね。

    ブルーモスク-13


近くには、チャイを販売している屋台があり。
このあたりはパンやトウモロコシ、焼き栗など本当に様々な屋台が出ています。

    屋台-チャイ


道を歩いていると・・・・
ドンドルマを売っているお店を発見
なかなか見つからなかったけれど、ようやく食べられる。

愛知万博で売っていたのを食べた事あるが、まさに新食感。
さて、本場のお味はどうだろう・・・

・・・・!! やっぱりおいしい。
この弾力がたまらない

    ドンドルマ

ついでにお土産屋を物色。
自分土産として、切手セットとナザールボンジュウという
目玉を模した魔除けグッズを購入

ナザールボンジュウ

   
お竹と合流してセマー
    セマーの看板

セマーとはメヴラーナ教団の伝統的な踊りで、その特徴は

 とにかく回転しまくり

最初に楽器演奏があった後、踊り手(セマーゼン)が5、6人登場しますが、
みんな片手をあげ、体を斜めにし、ずっと回転しつづけます。
おそらく20~30分は回転しつづけたのではないだろうか・・・
禁止だったので写真に撮れなかったのが、とても残念!

    セマー-1

    セマー-3

夕食はガラタ橋下にあるレストランでシーフード。
ちょっとお高めだったけど、味はバッチリ

    夜のガラタ橋-3

    100101夕食-2

    100101夕食-1

ガラタ橋周辺には名物があります。それは、

  サバサンド

という名のサンドイッチ。
あまり興味はなかったのだが、お竹が注文したので少しもらう。
・・・・やっぱりイマイチだ

    サバサンド-1

    サバサンド-2


応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ


FC2blog テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

【2011/04/02 11:00】 | トルコ旅行(2009~10年冬)
トラックバック(0) |
昨日行けなかった場所をを中心に巡ろう

目的地は旧市街地区にあるドルマバフチェ宮殿
トラム終点のカバタシュ駅まで行き残りは歩く
まだまだ距離はあるけれど、遠目からでも絢爛豪華さが見てとれます。

段々と近づき、ようやく到着。
・・・・休館でした。空いている曜日のはずだけど、元旦だからだろうか?

    ドルマバフチェ宮殿-4

仕方がないので、戻ることにする。
帰りは地下ケーブルカーでカラキョイ駅まで行き、そこからトラムに乗りかえて
グランドバザール周辺へ

    地下ケーブル-2

グランドバザールを見る前に、とりあえず腹ごしらえ
やっぱりドネルケバブを注文。窓際のネコと戯れながら頂きました

    100101昼食-1

    100101昼食-2

    猫-1


そして、グランドバザールへ。
ここはとにかく広い!それもそのはず、4500件近い店があるらしい

    グランドバザール-5

    グランドバザール-9

売っているものは、貴金属あり、皮製品あり、当然お土産物もあり。
お竹はここで鍋敷きなどを購入。値段は交渉制なので、がんばっておりました

買い物が終わる頃、現在地が全くわからなくなりました。
仕方ないので適当な場所でグランドバザールを抜けると、
イエニ・ジャーミィの近くに出ました。せっかくなので、もう一度内部を見学。

    イェニジャーミィ-12


バザールで疲れたので、一旦休憩
甘さ補給の為、バクラワエルマチャユという名のアップルティーを注文
やっぱり死ぬほど甘い

    バクラワエルマチャユ

近くにはガラタ橋があるので、散歩がてら歩きます。
そこには釣り人がいっぱい。みんな大量のご様子

    ガラタ橋-3

続いてスィルケジ駅へ。

    スィルケジ駅


駅に来たといっても、列車に乗る訳ではありません。 ここに来た目的は、

 セマー(旋舞)を予約するため

本来だったら駅でもやるらしいが、この日はやらないみたいなので
他の劇場でやるチケットを購入。
英語が得意なお竹が頑張ってくれました


応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ

FC2blog テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

【2011/03/31 11:00】 | トルコ旅行(2009~10年冬)
トラックバック(0) |
次なる目的地は、新市街地区にあるガラタ塔

ブルーモスク周辺からは遠いので、トラムに乗っていく事にする。
トラムに乗るには、JETONと呼ばれるコインを購入する必要があるようなので、
街中のキオスクみたいなところで購入します
・・・・なんだかおもちゃのコインっぽい

    JETON.jpg

    トラム-1


トラムに乗って4駅、カラキョイ駅で降りてしばらく歩く。
基本上り坂なので、かなりしんどい
暫くすると、ようやくガラタ塔が見えてきました。

    ガラタ塔-1

しばらく並んだ後、エレベーターで展望台へ。
・・・・おお、なんと美しい

    ガラタ塔からの眺め-1

ガラタ橋を渡り、地下道を通って旧市街地区へ戻ります。
大みそかと言う事もあってか、地下道は大混雑!

    地下道

地下道を過ぎると、すぐにイェニ・ジャーミィがあります。
大分見慣れてきたけれど、やっぱり綺麗

    イェニジャーミィ-3
    
    イェニジャーミィ-6

続いてリュステム・ジャーミィ
ここはそれほど大きくなく、あまり目立たないけれど
青いイズニックタイルが貼られているため、とても綺麗。
隠れた名所かも。

    リュステムジャーミィ-2

    リュステムジャーミィ-5

外に出ると、あるおじいさんに声をかけられました。
URLが書かれた紙を渡され、しきりに「ここを見てみろ!」と言われる。
どんな内容のページ何だろう?覚えていたら見てみるか・・・


少し歩いたところにスュレイマニエ・ジャーミィという、
これまた素晴らしい寺院があるので、見に行きましたが、
残念ながら工事中で内部には入れず。外観だけで満足しておこう。

    スユレイマニエジャーミイ-7

ついでに、何も買う予定はなかったけれど
エジプシャンバザールにも立ち寄る。
色々なものが売っているけど、香辛料関係の店が多めかも?

    エジプシャンバザール-6

夕食はピーマンの肉詰めやヨーグルトときゅうりの和え物等を注文。

    091231夕食-2

    091231夕食-4

ついでにライスプリンも

    ライスプリン


一旦ホテルに戻った後、一人でカウントダウンへ行く。
仕入れた情報ではガラタ橋周辺が賑やからしい。

時間がギリギリだったのでかなり急いで行くと、結構大勢の人がいました。
・・・が、賑やかで花火は上がっているけど、カウントダウンは無し。
ひょっとしてギリギリ間に合わなかったんだろうか?

せっかくなので、夜のイェニ・ジャーミィを見物。
昼も綺麗だったが、夜は更に綺麗

    
応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ

FC2blog テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

【2011/03/29 11:00】 | トルコ旅行(2009~10年冬)
トラックバック(0) |

香辛料
添てん
エジプシャンバザールのとある香辛料店に
独自にブレンドされたスパイスがあります。
それがお気に入りで、無くなりそうな頃に
トルコ添乗が入ると嬉しいです。
でも、なかなかエジプシャンバザールに行ける
機会がある添乗は少ないのです。
香辛料にご興味があれば、お教え致しま~すo(^-'o)♪


なごやん
添てんさん->
香辛料にはカナリ興味ありです!
是非教えてください~

いずれカレーとかも市販のルウを使わずに作りたいです^0^

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。