上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今までの旅行では、帰国すると

 懐かしいなぁ~

という気分になりましたが、今回は
まるで前日まで日本にいたような感じ。何故だろう?
旅行に慣れたのか、それともドイツの雰囲気が日本に似ているのだろうか?

街並みはヨーロッパだけあって重厚な感じだけれど、
気質としては日本と同じく、

 きっちりとして生真面目

なので、居心地が良かったのだろう


帰国して翌日は会社、その晩からはスノーボードへ
ほぼ徹夜&シーズン初すべりだったので、しんどいのなんの

応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

【2010/12/20 21:05】 | ドイツ旅行(2005~06年冬)
トラックバック(0) |
朝9時過ぎに起きて朝食へ。
何故かアジア人比率が多め

空港には12時過ぎに行けば良いので、多少観光出来そう。
どこに行こうか考えた結果・・・

  ゲーテハウス

に決定
あのゲーテが若いころ住んでいた家らしい。


10分ぐらい歩くと到着。
中に入ると4、5組の日本人がいる。そのせいか受付の人が日本語で話してくる
ここには実際にゲーテが住んでいた家と、博物館が併設されていました。
ここで色んな作品を書いていたのか~と、感慨に耽る。

    ゲーテハウス-外観

    ゲーテハウス-内部3

一通りみたところで時間的に余裕がなくなってきたので空港へ向かう
フランクフルトSバーンを使うほどの広さではなく、
ずっと歩いていたので今回が初めて。

どの電車に乗ればいいか判らなかったので、とりあえず飛行機の
マークがついた電車に乗る
手前の駅まで来ても林の中だったので少し心配だったけど、無事に到着。


チェックイン⇒手荷物検査を済ます。 
「後は搭乗ロビーでお土産を物色するだけだ!」
と思っていたら、搭乗ロビーの手前で再度手荷物検査&ボディチェック
何も考えずに済ました後で戻る事ができないということに気づく。つまり・・・

 ・お店なし

 ・自動販売機なし

 ・トイレなし


・・・・おお、なんというこった

と、悲しみに暮れていると中国人らしきおばさんに声をかけられる
「何だ!?」と思っていると、パスポートを落とした事を教えてくれました。
なんとありがたい! まるで女神に見える


座席の右隣にイタリア人
やけに声をかけてくるので、疲れている時は少し辛い。
明日から会社があるので、とりあえず寝ないと・・・
予定より2時間早く着いたが、それでも10時間乗っていたので疲れた。

応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ


FC2blog テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

【2010/12/19 17:57】 | ドイツ旅行(2005~06年冬)
トラックバック(0) |
朝9時に起き、朝食ビュッフェへ
ソーセージはイマイチだったが、パンがおいしい。

フランクフルト市内は余り見るところがなかったので
郊外に足を伸ばそうと思ったが、駅に着いた時点でも行き先が決まらず
ガイドブックを見て検討したが・・・

 候補1:
 ヴュツブルグという要塞がある、ロマンティック街道の始点の町。
 但し、電車が1時間1本で、片道2時間かかるので却下

 候補2:
 温泉がある高級保養地のヴィースバーデン
 近いし温泉地は色々見るところがありそうなので、ここに決定


ヴィースバーデンはSバーンに乗って1時間弱で到着
電車を降りてビックリ

 ・駅のレイアウト

 ・駅の外観


フランクフルト中央駅とソックリ。
一瞬知らないうちに戻ってしまったかと錯覚した程

この街には豪華なクアハウスやカジノがあるらしいので、そこを目指す。
駅を出ると、全く方角がわからない。
おまけにガイドブックにも中心地しか書いていないのでかなり困る。
こういった時は旅の鉄則どおり、人の流れに沿って歩く

暫くすると地図に載っている道に到着
しかし調子に乗って歩いていると、全くわからないところにたどり着く。
明らかに歩きすぎているし、道が曲がりくねっているので方角も全くわからない

    画像 129

    画像 128

迷っていてもお腹は空くので、ここで一息いれる。
注文したのは炒めた肉とポテトのセット。
かなり盛りだくさんで、お腹が一杯

    画像 130

とりあえず来た道を戻りながら目印になりそうな建物を探す
少しすると、見覚えのある道に到着。 良かった・・・


街を歩いていると温泉の湧き出ている噴水みたいなものを発見
あたりには硫黄の香りが立ち込めていて温泉地らしさ満点

    画像 131

目的のクアハウスは近くにあったが、工事中らしく空いていなかった
しかしクアハウスの前では即席のスケートリンクや、
屋台が出ていたので少し眺める。やっぱり子供は元気


その他には何もなさそうな街だったので、15時過ぎのSバーンに乗って
一旦ホテルまで戻る

暫く部屋でゆっくりした後、改めて外出
フランクフルトはメッセの本場なので、せっかくなので会場を見に行く。
なんかやってたら見ようかと思っていたが、何も行われていなかった
やっぱり年始早々はやらないか。

    メッセタワー

明日は帰国日だったので、スーパーマーケットでお土産を探す。
ベタな感じだけどハリボのグミを購入。 ハリボ独特の弾力が良い


部屋に戻って出発時間を再確認すると、思っていた出発時間と
実際の出発時間が異なっている事に気づく
そのまま気がつかなくても4時間空港で待つだけなので
帰れない事は無いけれど、ちょっと嫌だ。


夕食は買ってきたパンやヨーグルトで済ます。

TVをつけるとミリオネアがやっていた。 
日本版イギリス版は見たことあったけど、ドイツ版もあるとは
「司会がみのもんたじゃないと違和感あるな~」と思いつつ別の局に換えると、
また別のミリオネア風の番組がやっていました。
どっちが本家??

応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ


FC2blog テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

【2010/12/18 11:57】 | ドイツ旅行(2005~06年冬)
トラックバック(0) |
フランクフルトへ行く為に、8時前にチェックアウトしてツォー駅へ行く
朝食を食べていないので、パンを購入。

中にはゆでたまご・鶏肉・トマトなどの野菜が挟まっている。
今までに食べたことないぐらいに美味しい
それほど変わったものは入っていないのに、何故だ!?

    画像 136


予約済みのICEに搭乗。
行き先、経由地にフランクフルトの名が無かったが、着くんだろうか?
しかし2時間ほど走った後、ようやくフランクフルトに経由するというアナウンスが
あったので安心する。
フランクフルト程の大都市なのに、なぜ書いてないんだろう?


ベルリンを出発して4時間ちょっとでフランクフルトに到着。
駅を出ると、全く雪がない
同じドイツ国内でも、やっぱり南部の方が暖かいんだな


ホテルはフランクフルト中央駅から徒歩1分のコンチネンタルホテル
ちょっとロビーの人が無愛想で怖い

    コンチネンタル外観

    コンチネンタル-部屋

30分ぐらい部屋でゆっくりした後、市内観光へ
まずはアルテ・オーパを見た後で遅めの昼食を食べる。
店はMAREDOに決定
ベルリンでも数件見たので、おそらくチェーン店なんだろう
大海老の前菜、ハンバーグ&トマトスープを頼む。
結構おいしいかも。


お店の近くで行儀が大変良い犬を発見!
今までこんなに真面目な犬は見たことない・・・

    待ち犬2


市内を歩いてレーマー大聖堂を見る。
橋の対岸にも行ってみたが、あんまり面白そうなものはなかった

    レーマー


ドイツでは冬場は16時を過ぎると暗くなってきます。
夏のスイス旅行の時は逆に21時過ぎまで明るかったので、その逆なんだろう。
暗くて、かなり寒いので歩く気がだんだん無くなってくる
やっぱりヨーロッパ旅行は夏にするべきなんだろうか?


ホテルに戻るついでに夕食代わりにケバブを食べる。
めちゃくちゃ大きくて、食べきれないかと思うほど

    ドネルケバブ

駅の中のスーパーに寄って、お土産用のソーセージを購入。
ドイツでは物を買っても袋に入れてくれないので、持ち運びにかなり困る。
いっぱい買うとカバンに入りきらんし。


19時過ぎにホテル着
TVをつけると大相撲九州場所のダイジェストが"EURO SPORT"でやっていた。
ダイジェストでは何故か白鵬琴欧州が良く出ていた。
琴欧州はわかるが、なぜ白鵬

TVを見ていたら、そのまま寝てしまいました。
応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ

FC2blog テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

【2010/12/17 22:04】 | ドイツ旅行(2005~06年冬)
トラックバック(0) |
朝食はイマイチだったので、このまま出かけよう。
外に出ようとすると、同じホテルの宿泊客に

 「HAPPY NEW YEAR!!!!!」

と言われる。ついでにホテルの人にも

 「モルゲン!」

と言われる。「モルゲン・・・?」と思ったが、
"グーテン・モルゲン""おはよう"という意味だったような気がするので、
それを短縮して言ったんだろう。

    画像 017


ベルリン市内は大体見たので、郊外へ行こう。
目的地はSバーンに乗って50分ほどのところにあるポツダム

・・・そう、ポツダム宣言で有名な、あのポツダムです。

あまりイメージが湧かないが、大きな宮殿があるらしい。
駅に着いたあたりでお腹が空いてきたのでパンを購入

    ポツダム駅

到着後、最初に向かったのはニコライ教会
但し、閉まっていたので外から眺めるだけ。

    ポツダム-ニコライ教会

そして道路を挟んだ反対側にあるポツダム映画博物館へ行くが、
また閉まっていた。 元日だから空いてないんだろうか?    

    ポツダム映画博物館

街中まばらだったが、屋外スケート場だけは子供の人だかりが出来ていた。


そして、かなりの距離を歩いてサンスーシー宮殿へ到着
本来なら緑が美しい宮殿らしいが、この日は一面の雪景色
おまけに中が広すぎる! 宮殿の敷地内だけで数キロ歩いたかも

    サンスーシー宮殿

    サンスーシー新宮殿3


歩きすぎで疲れたので、帰路はポツダム中央駅までDB(ドイツ鉄道)を利用
しかし、乗ろうとした電車の行き先にはポツダム駅は無く、
数100キロ離れているはずのフランクフルトの名が・・・

本当に着くのだろうか?
とりあえず乗ってみて、間違えたら降りればいいか
・・・無事到着

Sバーン等の市内交通は慣れたものの、その他の電車は未だに難しい


ベルリンに戻り、ツォー駅まで行く。 
ツォー駅の駅名表示板には「zoologisher Garten」と書かれています。
最初は駅名が頭の中で一致しなかったが、ようやく慣れた

この日が実質ベルリン最後の日なので、

 ・ベルリンの壁

 ・W杯マスコットの置物


を購入。 その他にもあげる用のW杯関連のお土産を購入。


夕食は久々に日本食

ホテル近くのSAGANOで焼き鳥、味噌汁、鉄火巻き&巻き寿司を注文
焼き鳥や味噌汁、鉄火巻きはレトルト食品レベルだったが、
巻き寿司はおいしかった!
ご飯側を外にして巻いており、具だくさんで日本の巻き寿司と比べても美味しい。


この日も歩きすぎで足が痛い
明日は早朝の電車に乗らないといけないので18:30頃ホテルに戻る。


ベルリンでは道路に雪が積もっており、おまけに石畳が多いので
本当に歩くのがしんどい

応援感謝^_^
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ


FC2blog テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

【2010/12/16 21:32】 | ドイツ旅行(2005~06年冬)
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。