上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェックアウト後、すぐに予約していたホテルへと向かう。
泊まるのはキングスクロス駅のすぐ上にあるクレストホテル
さすがに朝10時ではチェックインできなかったので、荷物だけ預かってもらう


この日はどこに行くか決めてなかったが、

  オーストラリア = コアラ

というイメージがあったので、コアラを見る為に
"コアラ・パーク・サンクチュアリ(以下、コアラパーク)"へと向かう

コアラパークに行くにはとりあえずペナントヒル駅へ行く必要がありそうだ。
しかし、ペナントヒル駅に行く為の電車が見つからない
諦めてHornsby駅へと向かう。そこから電車を乗り継いでペナントヒル駅へと移動。
そこから更にバスに乗って、現地へと向かう。


到着後、中に入ると本当に様々な動物がいました。

  ・コアラ

  ・カンガルー

  ・エミュー

  ・タスマニアンデビル
 
  ・ディンゴ

  ・フェアリーペンギン

  ・ウォンバット

  ・ハリモグラ

など、オーストラリアを代表する動物が沢山

    エミュー2

中でもカンガルーは放し飼いに近い状態で飼育されていて
自由に触る事が可能。

めったに触る機会がないので、ここぞとばかりに触りまくり。
カンガルーのお腹には子供もいて、とてもカワイイ

    カンガルー2

そして、なんといっても、メインはコアラ
15時から触れるらしいので、その時間に合わせて飼育場所へと向かう


そこには、高さ2メートルぐらいの木々に20匹近いコアラが!
こんなに一度にたくさんのコアラが見えるなんて

    コアラ1


時間になると係員が1匹捕まえて近くにきてくれました。
コアラクイーンズランド州でしか抱く事ができないため、触るだけで我慢
(コアラパークはニューサウスウェールズ州)
意外と毛は固く、鼻は渇いていた

    コアラ


その後、の毛刈りを見に行く。
時間となり柵が空くと、危険を察知したようにが飛び出してきました。
必死に逃げようとするが、係員によってあっさりと捕まる。

・・・素早い手つきで毛が刈られてゆき、数分後には丸裸に。
心なしか寒そうな顔をしている

    羊

充分満足したので、駅までバスで戻る事にする
出発予定時間の5分前から待っていたが、一向に来る気配なし。
中に戻る事も出来ないので、そのまま待っていたが、結局バスが来たのは
1時間経過した後でした。 
とすると、出発予定時間の5分以上前には出発していたのか・・・
なんとアバウトな


クレストホテルに戻り、チェックイン。
このホテルのエレベータはルームキーを指してから目的の階数を押す
必要があったが、初めての経験だったので少しまごつく。

部屋に入ると、驚愕。
めちゃめちゃ広い・・・

中にはシングルベットとダブルベットがあり、その他スペースもかなり広め。
初日の宿と料金は一緒ぐらいだったが、これほど違うとは・・・


一息ついたのち、近くのウルムルー方面を散策。
ここは不当で、巨大な戦艦が停泊していました。

その近くには、シドニーで知らぬ者はいないとされる
ミートパイで有名なハリーズカフェがあったので、折角なので行ってみる。

    ハリーズカフェ

頼んだのは、ミートパイの上にマッシュポテトと、つぶした空豆が
トッピングされた"タイガー"という一品
それなりには美味しかったが、評判ほどでは・・・

    ミートパイ

お店には様々な訪れた有名人の写真が貼られており、
日本人では鈴木紗理奈上原さくらの写真が飾られていた。


店の近くの埠頭には倉庫があったので、近くに行って見てみる。 
中に入れそうだったので入ってみると・・・

そこにはお洒落なカフェやホテルがテナントで入っていた。
外見と中身のギャップがありすぎて、かなり驚く
まさに横浜の赤レンガ倉庫的な建物だった。


夕食は、近くのコンビニで買ったカップビーフン。
味は・・・外食したほうが良かったかも

明日は空港に朝7時ぐらいに行かないといけないが、
なかなか寝付けない。朝起きれるんだろうか?

→香港旅行編へ

   ↓応援ありがとうございます↓
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

【2010/11/07 00:49】 | オーストラリア旅行(2004~05年冬)
トラックバック(0) |
前日はカウントダウンの為、夜更かししてしまったので
朝10時過ぎに目覚める

この日の目的はシドニー郊外にあるブルーマウンテン観光

電車でいくので、とりあえずセントラル駅へと向かう。
ここでカトゥーンバ行きの電車に乗らないといけないが、全く見つからず

結局30分後に発見! 出発時間近くにならないと電光掲示板に
ホームの場所が表示されないのでわからなかった
到着までは2時間かかるので、ゆっくりと眠ろう

・・・・と思ったが、近くの席の家族が楽器を
演奏し始めたので全く眠れず


カトゥーンバ駅に着くと、ブルーマウンテンズ行きのバスがあったが
地図で見ると近そうだったので、歩いて行く事に

    カトゥーンバ駅前2

しばらく歩いて、「そろそろ到着だろう!」と思って地図を見たが、
まだ半分程度しか来ていない
アップダウンの激しい山道だし、判断を誤った

なんとか40分ぐらいかけて、ブルーマウンテンズ・シーニックワールドに到着
ここからケーブルカー、ロープウェイ、トロッコ列車が出ており、
それぞれ行ける場所が異なるらしい。
全て乗ってみたかったので、3つセットのチケットを購入。


まずはロープウェイで渓谷をまたいだ対岸へと向かう。
ここからは"スリーシスターズ"という名前の3連の岩を見る事ができるらしい

とても綺麗だったので、対岸に渡りきったら改めてじっくりと見よう
と思っていたら、そのままケーブルカーは元の場所へと引き返して行く
・・・・そういったもんなんだろうか?

    ブルーマウンテン1


次はトロッコ列車に乗って渓谷の下へと向かう。

前に並んでいた人が乗る様子を見たところ、ジェットコースターのような
角度で落ちていく
おまけに折り返しで戻ってきた人は、心なしかぐったりしているような・・・

ここにきて乗らない訳にはいかないので覚悟を決めて乗る。

  出発!

・・・何かにつかまっていないと飛ばされそうな感じだったが何とか持ちこたえる。
トロッコを降りた後は徒歩で最下部へ
途中、木の形を様々なものになぞらえた説明が書かれていたが、
全て英語表記の為、全くわからなかった。

最下部からはロープウェイで最上部まで戻る。


行きは徒歩で大変な目にあったので、今回はバスで
駅へ戻ろうと考えていたが、バスが全く見つからない

仕方がないので、また歩いて帰る事にする。
40分も山道を歩かないといけない事がわかっているので、余計嫌だ。
かなり辛い


シドニーに戻った後、ばらまき用のお菓子をスーパーで購入。
値段も安いし、日本では手に入らないものも多いので、これが一番!


一旦宿に戻った後、夕食へ。
お腹の調子が悪かったので、日本食を頂く。
やっぱりお腹を休めるには和食が一番!


    ↓応援ありがとうございます↓
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ 人気ブログランキングへ


FC2blog テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

【2010/11/06 00:58】 | オーストラリア旅行(2004~05年冬)
トラックバック(0) |
宿探しをする為に8時過ぎには起きようと思っていたが、
目覚ましの設定を間違えた為、実際に起きたのは9時40分。
チェックアウトの時間が10時だったので、大急ぎで荷造りをする


宿探しは安い宿が集まっているハイドパーク周辺で探す。
まずはガイドブックで目をつけていたところへ。

・・・・残念ながら空いておらず

まぁ、最初からは空いてないか。
めげずに第2、第3候補の宿へ。

・・・・またまた空いておらず

こうなったら片っ端から当たろうと思い、
ホテル街の端から順番に聞いてみたが全く駄目

しょうがないのでキングスクロス駅周辺へと戻って探す。
ここにはバックパッカー街があるので期待したが、
すべて「No Vavancy(満室)」の表示が・・
それでも片っ端から当たっていくうちに

 「13時になったらもう一度来い」

という場所があったので、戻ってみる。
結局そこも駄目だったが、姉妹ホテルを紹介してもらえる事に

チャリスホテルという名前で、場所は前日に泊まったホテルの近く
5時間探し続けて、結局すぐ近くとは。
まさに灯台もと暗し

ホテルの部屋はあまりキレイといえず、トイレとシャワーも別だった。
一泊約4000円だからしょうがないか・・・

    チャリスホテル(昼)
  


しばらく休んだ後、歩いてハーバーブリッジ

    ハーバーブリッジ

新年のカウントダウンまでには少し時間があったので

  昼食でケバブを食べたり

  ジェットスキーを眺めたり

  IMAXシアターで映画を見たり

して時間をつぶす。 
外に出ると21時を過ぎていた事もあって既に真っ暗。
おまけに凄い人が集まっていました。

すると花火が!

段々と年越しの雰囲気が高まる

カウントダウンはサーキュラーキー周辺でやりたかったので、歩いて移動

途中のバーでは店外に設置したスピーカーによって店内の演奏が流れており、
イーグルス「Hotel California」等に合わせて大合唱が始まる
本当に海外の年越しらしく陽気でいい感じ

    年越し直前1


そしていよいよカウントダウン。

年が明けると共に花火があがり、ハーバーブリッジに仕掛けられた花火がとても綺麗。

帰り道は歩行者天国となっており、みんな騒ぎながら帰っていく。
本当にオーストラリア人はテンション高め。

宿に着いたのは午前2時。
宿探しの疲れが一気に出てきた・・・

   ↓応援ありがとうございます↓
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ 人気ブログランキングへ


FC2blog テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

【2010/11/04 22:48】 | オーストラリア旅行(2004~05年冬)
トラックバック(0) |
目を覚ますと、すぐに朝食が運ばれてきました。
夕食を3回食べたので、全然食欲がない・・・

シドニー空港には午前11時に到着。
初日の宿はキングスクロスにあるので、とりあえずそこに行こう!

キングスクロス
へは空港のインターナショナル駅からセントラル駅
経由して約30分で到着。
本数もあるし時間の計算もしやすいので、帰りにも利用しよう


キングスクロス駅に降り立った感想は

  ストリップ店が多いこと

一応、南半球最大の歓楽街らしい
宿は駅から5分程度歩いたところにあるデビアホテル
部屋はあまり綺麗ではないけれど、まあまあ我慢できるレベルだ

    australia3.jpg


シドニー
の地理を覚える為、歩いてダーリングハーバーまで行ってみよう
意外と遠く道にも迷ったがなんとか到着。

    australia4.jpg


今度は街中をぐるっと見て廻りたかったので、環状モノレールに乗る。
市民の足にもなっているらしく、もの凄く混んでました。

    モノレール


モノレールを降りた後、お土産屋へ
店内はアボリジニの作ったブーメラン等、面白いもの満載
到着早々だが、カンガルージャーキー・コアラのぬいぐるみ等を
お土産として購入


その後は歩いてオペラハウス
世界3大がっかりスポットに数えられる事もあるが、意外と満足。
(しかし、思ったより茶色く汚れていたのが少しがっかり)

    australia2.jpg


この付近では原住民でもあるアボリジニらしき人が演奏をしており、
写真撮影も有料で行われていた。
ラスベガス旅行時のインディアンもそうだが、結構商魂たくましい

    australia1.jpg


暫くぶらぶらしながら街中を歩いているが、ぜんぜん陽が暮れない事に気づく。
時計を見ると既に午後8時。
たしか"極"が近くなると、太陽がなかなか沈まないんだっけな。
そういえばスイス旅行でもそうだったな・・・


宿に戻ろうと思い、また30分ぐらいかけて歩いて戻る
真夏なのに、結構寒くて長袖の服を着ないと結構寒い


途中、変な像を発見。イノシシが何だか艶めかしく座っているこの像は
イル・ポルチェリーノという、何だかドラゴンクエストのボスっぽい名前らしい。
鼻の部分が光っているという事は、通天閣のビリケン像みたいに
そこに触るといい事があるという言い伝えがあるんだろう。
折角なので触る

    イル・ポルセリーノ


夕食は宿近くの総菜屋でフィッシュ&チップスを買う。
早速ホテルに戻って食べるが、ポテトがめちゃくちゃ多い・・・
なんとか食べきったが、サラダは食べれず

    australia5.jpg


    ↓応援ありがとうございます↓
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ 人気ブログランキングへ


FC2blog テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

【2010/11/03 23:07】 | オーストラリア旅行(2004~05年冬)
トラックバック(0) |
空港到着後、頼まれていたイブサンローランの24番の口紅を探す。
全く見つからなかったので店員に聞いてみると「廃番になりました」との事。
なんてこった。仕方がないのでこのまま旅立とう


離陸後、飛行機の中で妙な事を聞かれる。

「香港行きですか? 台湾行きですか?」


・・・香港経由シドニー行きなので台北には寄るはずないんだけど。

離陸後すぐに夕食の時間。 メニューはチキンの塊が入ったパスタを選択
食べて満足していると、離陸態勢に入りました。
そして、そのまま台北に着陸。

「なんでだろう?」と思っていると、アナウンスがあり、
飛行機には台北行きと香港行きの人が同乗していて、ここで台北行きの
人を降ろすらしい。 初めてだったので、少しビックリ

出発までは1時間あるので一度外に出て休憩。

1時間後機内に戻ったが、何故か出発しない。
そのまま30分待ったが、それでも出発せず。
しばらくするとアナウンスがあり、

 「エンジンが熱くなりすぎている為、出発を見合わせています」

との事。 生きてシドニーまで辿りつけるのだろうか?


その後飛び立つと、また夕食が運ばれてきました。
台湾から乗っている人もいるので仕方ないんだけど・・・といいつつ完食
この流れで行くと、香港シドニー間でも出るんだろうか?


香港に到着したのはシドニー行きの飛行機が飛び立つ40分前。
少し焦ったが、出口で係員が待機していて搭乗口まで案内してくれたので
無事に間に合いました。

飛行機に乗ってしばらくすると、

・・・・本日3回目の夕食が運ばれてきました。

さすがにお腹が一杯なので、美味しそうなものだけ食べる
着くのは明日になりそうなので、もう寝よう

    ↓応援ありがとうございます↓
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ 人気ブログランキングへ

FC2blog テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

【2010/11/02 22:34】 | オーストラリア旅行(2004~05年冬)
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。